「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

久恒啓一 (K-7743)

  • HOME »
  • 久恒啓一 (K-7743)

久恒啓一 ひさつねけいいち

多摩大学経営情報学部長

大手企業の広報・企画分野の管理職を経て、新設の県立宮城大学教授に47歳で転身。ベストセラー『図で考える人は仕事ができる』以降、活発な著作活動を行っている。「図解コミュニケーション」をベースにした講演も、企業・自治体・学校等で、具体的で解りやすい指導内容が大好評。

大学教授・研究者

久恒啓一のプロフィール

■職歴・経歴
1950年生まれ。九州大学法学部卒業。
1973年日本航空株式会社入社、ロンドン空港支店、客室本部労務担当等を経て、本社広報課長、サービス委員会事務局次長を歴任。ビジネスマン時代から「知的生産の技術」研究会(現在はNPO法人)に所属し著作活動も展開。日本航空を早期退職し、97年4月新設の宮城大学教授に就任。「学生とともに成長する教育者」「地域とともに歩む研究者」「県立大学教授としての社会貢献」という3つのテーマで活発に活動。著作や雑誌への寄稿や講演など全国区で活躍する一方、宮城県では多数の審議会・委員会の委員などをつとめた。2008年4月より多摩大学教授に就任。NPO法人知的生産の技術研究会理事長。中国・吉林大学客員教授(04年~)。宮城大学名誉教授(08年~)。2012年4月より現職。
【民間企業におけるコンサル活動】
自動車メーカー・住宅メーカーなど。
【行政等の委員会活動】
国土交通省「水・道路・都市の環境政策と合意形成に関する研究会」副座長、産業人材研究会(経済産業省)、宮城県行政改革推進委員会委員、宮城県民サービス向上委員会委員長、宮城県行政改革進行管理委員会委員、宮城県大規模事業評価委員会委員、宮城県長期総合計画審議会専門委員、宮城県バリアフリー国体アドバイザー、気仙沼市行政改革懇話会副会長、高清水町21世紀まちづくり委員会委員長、古川市農業農村対策審議会会長、大和町行財政評価システム導入委員会委員長、大崎市行政改革推進委員会会長
■主な著書
『人生の道を拓く言葉130』(日本経済新聞出版社)
『図解でわかる!難解な世界の名著のなかみ』(中経出版)
『遅咲き偉人伝』(PHP研究所)
『知的生産手帳』(東洋経済新報社)
『図解で身につく!ドラッカーの理論』(中経出版) 
『30歳からの人生リセット術』(創元社)
『残業はやめて、前業をせよ!』(大和書房)
『図で考えれば文章がうまくなる』(PHP研究所)
『仕事は頭でするな、身体でせよ!』(大和書房)
『通勤電車「超」活用術』(三笠書房)
『図解 世界の名著がわかる本』(三笠書房)
『図で考える人は仕事ができる』(日本経済新聞社)
『図で考える人は仕事ができる 実践編』(日本経済新聞社)
『合意術「深掘り型」問題解決のすすめ』 (日本経済新聞社) 他多数

講演タイトル例

図で考える人は仕事ができる

ビジネスマンとしての経験、大学教授としての地域活動、企業等における講演・研修活動などから、日本のあらゆる組織の問題は「考える力の欠如」であると考えています。 その原因は、組織内のコミュニケーションが文...

プランへ移動

地域づくりと社会的合意形式

考える社員を育てる

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別