「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

特別支援の生徒の研修
「子育て支援・ADHD(注意欠陥・多動性障がい)について」

松本 純 まつもとじゅん

親業訓練インストラクター
コミュニケーションアドバイザー

想定する対象者

多様な子どもがいること、多様な価値観をもつ必要があるとは、頭では理解できている「つもり」の保護者。

提供する価値・伝えたい事

文科省の特別支援にADHDやアスペルガーなど、軽度発達障害(見た目にはわかりにくい障害。今までは問題にされたことがなかった)の子どもたちが含まれました。20年以上前に長男の子育てで苦労し、その子がADHDだったと分かった経験から、効果的な対応をお話しします。

内 容

困った子というレッテルを貼られ、親も子もとても苦労します。目に見えにくい障害なので、親は「しつけが悪い」と責められ、子どもは「落ち着きがない、わがまま」と言われます。この子たちを理解するのは「すべての子どもはひとり一人が個性をもっている。その個性を認め育てる教育の原点」が必要になります。私の体験と学びから、この子たちへの理解と支援を体験学習を通して、具体的にお伝えします。コミュニケーションがとりにくい子どもたちなのです。心を通わすコツがあります。

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.