「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

知ってトクする運をよくする方法

杉本哲也 すぎもとてつや

夢屋 代表
親学推進協会講師

想定する対象者

自分は運が悪いと思っている人、最近ツイテない人、運をよくしたい人、人生を豊かにしたい人、人生を前向きに生きたい人

提供する価値・伝えたい事

あなたの運のよさを決めるのは誰か?それは他の誰でもなく、自分です。自分の運は自分の考え方・物の見方が決めています。自分が運がいいと思えば、運がよくなるし、運が悪いと思えば悪くなります。
では、どうやったら運がいいと思えるのか?それは物事のいい面を捉えられる物の見方、いわゆるプラス思考を身につけることです。すべての物事にはプラスの面、マイナスの面がありますので、普段からプラス面を見れる訓練をすれば誰でも運がよくなります。
なぜプラス思考の人、つまり運のいい人はいい人生を送れるか?一つは困難や試練を乗り越える力になるからです。世の中は基本的に理不尽だし、思い通りにはいきません。けれど、プラス思考の人は思い通りにいかないところをうまく生かすことができます。
またもう一つは人のいいところを見抜く能力につながって、人づきあいがうまくなるからです。人生は多くの人と一緒に生きないといけないので、人との付き合いがうまくいく人ほど、いい人生が送れます。

内 容

最初にトリックアートを見てもらいます。トリックアートは同じ絵なのに、何通りも見方のある絵です。有名なのがエドワード・ボーリングの若い女の子と老婆に見える絵です。トリックアートをどう見るか?それは見ている人の物の見方・価値観で決まります。
すべての物事にはいい面も悪い面もあるのですが、物事がいいか悪いかを判断するのは自分の物の見方です。運をよくしようと思えば、物事のいい面、プラスの面を見ることができるようにならないといけません。
経営の神様・松下幸之助は物事のいい面を捉える天才でした。松下幸之助は人生の経験の中で、物事をプラスに捉える能力を身につけ、パナソニックを大きくしていったのです。
プラスに見る能力は訓練次第で誰にでも身につけることができます。毎日寝る前に一日の中であった、よかったことを思い出すだけでも毎日続ければプラス思考に変わっていきます。
また運をよくしようと思うと、ユーモアを磨くという方法があります。落語やブラックジョークなどいろんな物を通じて、ユーモアを身につけるとよくなります。ハーバード大学医学部の教授は、学生を送り出すときにブラックジョークで笑いをとります。
また運のいい人となるべく一緒にいるようにしたり、「~ない」という否定的な言葉を一切使わないようにすることで、自分の運をよくしていくことも
できます。
他にも、ユーモアを磨く、運のいい人と一緒にいる、ネガティブな言葉遣いをやめる、未来を思い浮かべるなど、運をよくするための具体的な方法とその実践の仕方をいくつか紹介します。
最近、うつ病で会社を辞める人が多いそうですが、運がよくなれば、うつ病に悩まされることはなくなります。
また運のいい人は人のいいところを見ることができるので、人づきあいがうまくなります。松下幸之助は人のいいところを見抜く天才でした。運のよさを使った松下幸之助の部下の育て方についてお話します。

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.