「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

職場・組織を元気にする“パワー・コミュニケーション”
吉本芸人として学んだこと

夏川立也 なつかわたつや

空気活性プロデューサー
コミュニケーションプロデューサー

想定する対象者

ビジネスパーソン
労働組合役員
職場リーダー
職場を元気にしたいと考えている方

提供する価値・伝えたい事

・組合活動はもちろん、職場でも活用できる、周囲や自分の感情に、意図的に、上向きのベクトルを与えるコミュニケーション術です。

・職場で大事なのは“空気感”。
 プラスの空気感という土台の中に巻き込んで、相手から話を引き出し、心の底から満足させる。
 場の空気づくりと、相手から引き出す能力、それに話す技術、誰とでも気持ちを伝えられる話し方
 をできるようになるノウハウを説明します。

内 容

・「笑い」といっても不特定多数を笑わせることはプロに任せて”笑い=よい気分”と置き換えてみると、ポジティブな
 環境や伸びる組織を作り出すことはちょっとした努力次第です。

・笑うと人は良い気分になります。そして、笑っている人の周りには、自然に人が集まってきます。周りの人たちと
 一緒に、笑ったり笑わせたりしながら、お互いに「プラスの感情」をもてるように働きかけていれば、コミュニケー
 ションがうまくいくようになります。

・自分が相手をどう見ているか?
 相手がどう見ているか見ようとする
 周囲がどう見ているか見ようとする

・意図的に“空気”は作れる=拍手する、挨拶するなどプラスの行動を一緒にする、一斉にする
 →職場でどういう感情をつくるか?そのためにどういう行動を取るか?ウルトラCというものはなく、小さな「した方
 がいい」行動の積み重ねのみ。

・「誰々がいなければとか、こんな人がいたら・・」ではなく、今のメンバーの知っていること(知識・経験)で必ず何で
 も解決できる。
 
 【夢(土台)→目標(具体的に)→計画(より具体的に)→行動(継続)→結果】
 どうしたら、チームがこのスパイラルを実現できるかを考える。

・職場内・外での良い環境を生み出す、明日から使えるコミュニケーションの秘訣を体感して下さい!

スタッフからのコメント

落語家から、ビジネス界に転身された異色の経歴の講師です。
「皆さんの職場の空気は良いですか?」という切り口で、空気は読むものではなく、作るものということで、ワークショップを取り入れながらの講演で、好評です。

「職場の空気感」という部分をメインにされていますので、労働組合やビジネスマン向きの内容でかつ元落語家ということで、楽しく参加出来る内容で、好評です。         
                                     (労組担当:紀三井省次)

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.