「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

書けるまでやる「稟議書」作成講座

小林順一 こばやしじゅんいち

キャリアコンサルティングセンター 代表

想定する対象者

若手社員、従業員

提供する価値・伝えたい事

会社が何かを決める際には通常①責任者が自らの責任で意思決定をするか
②関係者が集まった会議で決定するか③そして「稟議書」による方法の3通りがあります。
 この講座はその内、決済が得られやすい「稟議書」の書き方について講義と演習を行うものです。
 会社の組織を動かすにはどうしたらよいか。「稟議書」に関わる説得術、そして根回し法についても学びます。

内 容

第1部(午前の部) 説得力ある稟議書の書き方(講義)
 
 ①稟議書とは何か
   ●典型的な稟議書の実例
   ●稟議書の特徴と意味=「多数決」や「会議議決」と大いに異なる
   ●わたしが経験した稟議書の成功例と失敗例
 ②稟議書は上長にどう読まれているか
   ●説得力のある稟議書はここが違う
 ③稟議書作成のポイント
   ●問題発見能力の重要性=仕事の起源は「問題発見」
   ●目的=何のために実施するのか
   ●計量効果=それをやることによりどんな良いことがあるのか
 ④稟議書が作成される場面
   ●イベント開催もしくは参加に関するもの
   ●物品購入に関するもの
   ●使用や貸与に関するもの
   ●接待交際費に関するもの
   ●海外出張旅費に関するもの
   ●新規取引に関するもの
   ●人の採用に関するもの
   ●新規事業に関するもの
   ●上記以外で決済が必要と思われるもの
 ⑤稟議書の書き方
   ●稟議書に盛り込む項目
   ●「目的」と「効果」が最重要
 ⑥組織は「稟議書」だけでは動かない
   ●説得能力の重要性
   ●説得とは「納得」を求めること
   ●暗示と証拠を盛り込め
   ●相手のプライドを傷つけるな
   ●「根回し」の重要性
   ●根回しのチェックポイント

第2部(午後の部) 稟議書作成と説明の演習

●個人別又はグループ別に次のテーマで稟議書を作成
 ①Web検索連動型広告手法導入の件
 ②営業所ビル屋上の大型看板設置の件
 ③営業用車両リース実施の件
 ④受付嬢ロボット導入の件
 ⑤学生アルバイト採用の件
 ⑥新製品見本市への出展参加の件
 ⑦部対抗社内サッカー大会開催の件

A.個人別またはグループ別発表会とディスカッション
B.ワークショップ
 上長と作成者(担当者)に役割を分け「説明」「説得」の訓練

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.