「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

食品業界の不祥事から何を学ぶか?
時代を生き抜くための企業のあり方

垣田達哉 かきたたつや

消費者問題研究所 代表
食品問題評論家

提供する価値・伝えたい事

表示を恐れず商品の一番良いところを積極的にアピールしよう!
このセミナーでは食品表示を中心に、消費者に支持され、売上を上げるためには、どんな表示をすればいいのか経営者の皆様を対象にお話します。

内 容

1.最近の食をめぐる事件より
(1)中国産食品の不可解な実態
  ・国産と比較すると違反の多く、問題山積

(2)赤福、不二家、白い恋人 一連の改ざん事件
 ・後を絶たない、消費・賞味期限改ざん 悪の根源
 ・コンプライアンス(法令遵守)と企業のモラル

(3)繰り返される偽装事件
  ・地鶏、牛肉コロッケ、米、ウナギの蒲焼、アサリ、シジミ
  ・罰金すら課すことのできないJAS法の不備

2.表示の三大原則 =ズバリ・一目・比較=
 ・ズバリ——簡単に一言
 ・比較———国産椎茸と中国産椎茸(義務表示だけでも比較になる)
 ・「義務表示」と「認証(認定)表示」と「任意表示」の組み合わせ
 ・安心と信頼
  地産地消——地場野菜と地場鮮魚と地場精肉
  鮮魚コーナーの充実——活気と鮮度が一番伝わる売り場

3.本当に安全なのか国産農産物
(1)ポジティブリスト制で何が変わったか?

(2)農薬や化学肥料の実態と取り除く方法
 ・有機と特別栽培と慣行栽培の違い

(3)忘れてはいけないポストハーベスト・・輸入かんきつ類

4.正体がわかりづらい水産物
(1)産地表示が非常にわかりづらい水産物
 ・三崎産マグロはどこで獲れたのか?

(2)生鮮品じゃないトロブツ、イカソーメンがある
・マグロに植物油脂、イカに調味料、モンゴウイカに還元水飴

5.言葉の意味がわかりづらい畜産物
(1)国産牛と和牛の違いは?
  ・オーストラリア生まれの国産牛!
  ・和牛に新基準!

PAGETOP
Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.