「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

スポーツから学んだリスクマネジメント 
~プロはミスをしない!~

石川 顕 いしかわあきら

フリーアナウンサー、スポーツ評論家

想定する対象者

・企業 若手・中堅ビジネスパーソンの方々
・労働組合 若手・中堅組合員の方々

提供する価値・伝えたい事

・アナウンサー時代の非常に豊富な経験から、超一流のプレーヤーや監督の話・心を打つエピソードが、非常に参考になります。

・自分が自分の仕事のプロであるために何をなすべきか、参加者の心にあらためて刻まれる内容です!

内 容

・一流と呼ばれるスポーツ界のプロの人々や、日航の機長の判断等の逸話の中から、仕事のプロとしての意識の持ち方、そのリスクマネージメントの実態等。

・リーダーは、やはりその人の人間性が問われる。

・野球は「騙し」が認められているスポーツ=デッドボールを受けたように見せる演技
 これは、いわゆる「技」になるが、それ以外のところで「騙す」タイプは伸びない。

・「君が一塁に出たら、一球目はどんなに良い球が来ても振らないから、どんどん走れ!」・・・そう言って、
シーズン始まると自分の成績を重視しして約束破る人がいるが、その選手は貫き通した
→必ず良いリーダーになる素質を持っている。


・組織=リーダーの人間力
     自ら心技体を極め、周りに化学反応させる長島さん。
     自ら輝き、周りを化学反応で輝かせることが大事です。

・王さんの話
 プロは休んではいけない
 プロは遅刻してはいけない
 プロはとちってはいけない
 ・・・心技体=まず体をつくり、技を教え込んだあとに、心を鍛える。

・プラス志向とマイナス志向のバランス感覚や、選手や部下から尊敬される人間力が大事。

・人生82,3歳として、3万日。うち1/3は睡眠時間としたら、実質人生2万日。

・目標を持つことの大切さ
 チームや会社全体が心の土台を1つにすることで力を合わせることができ、それを当たり前にやらせることのできる
 人がリーダーとしての資格である。

スタッフからのコメント

72歳と思えないほど「凄いパワーがあって若いエネルギーが溢れている」方です!。40年弱TBSに勤められ、安住アナの上司だったようです。

アナウンサー時代の非常に豊富な経験から、超一流のプレーヤーや監督の話まで、「リピート率日本一」の人気の講演講師で、現在でも全国各地をめぐること年間150回を超え、心を打つエピソードが、非常に参考になります。

王さんと長島さんの話など、自分が自分の仕事のプロであるために何をなすべきか、参加者の心にあらためて刻まれる内容です!            (労組担当)

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.