エデュテイメントで学ぶ接遇マナー!&笑える落語前座修行の気配り術でお客様満足度アップ!

三遊亭究斗 さんゆうていきゅうと

一般社団法人落語協会真打
子供心理カウンセラー
行動心理カウンセラー

想定する対象者

落語家の修行を通して、「間の極意」「噺の上達法」「気配り術」をお教えします。これは、接遇マナーを勉強したい方や意識改革したい方には、もってこいのお話です。

提供する価値・伝えたい事

「気が利く人」と「気が利かない人」の違いとは?「間が良い人」と「間が悪い人」の違いは?必ず理由があります。その原因・要因を理解し、そこを改めればあなたも変われるはずです。また上下関係に厳しい落語界のシステムを学べば、会社での人間関係作りに最適です!

そしてすべての基本は、「ありがとう」
感謝をする気持ちが人を進化・進歩させます。
社会を変えるのは、人の心。人の心の変えるのは、教育。教育の基本は、「ありがとう」
すべてに感謝する心の大切さをわかりやすくお話し致します。
そうすればお客様の気持ちや望むことがわかり、接し方が違ってくるのです。

また「笑う門には、福来たる」の諺のように笑いは、人の心を拓きます。辛いことや悲しいことがあっても口角を上げて笑っていきましょう!そして明るく元気になること!これでお仕事が充実して人生が大きく変わります!

内 容

落語家になると、まず前座修業をしなければいけません。とても馬鹿馬鹿しいこともありますが、「気配り」「間」「礼儀作法」等、とても合理的な修行なのです。
その「前座修行」の全貌を面白可笑しく語ります。本物の気配り・気遣いとは、相手の気持ちを知り、自分を捨てなければいけません。自分・自分という気持が強いと気遣いの押し売りになってしまいます。上司を立て、後輩を厳しく指導しながらも思いやれば、上下関係がうまくいくのです 。

そしてエデュテイメント落語「ありがとうが世界を変える絆39」を聴いていただきます。
この作品は、今年3月に地域ケアプラザの所長様から依頼を受けて作った作品です。問題を抱えた主人公が「ありがとう」の言葉の力や感謝の気持ちを教わって、自分だけでなく町中が変わっていく物語です。笑いに溢れた感動的な作品なのです。ハンカチを涙でびっしょりにされた方もいらっしゃいました。

倫理的にも優れた作品で新宿区・浦安市の倫理法人会さんで講演をさせていただき、大喝采をいただきました!能力開発にも最適で様々な会社社長・会長様にも大好評!
ある上場企業の会長様からは、「これは、社員の機運が上がるね!」っとお褒めのお言葉をいただいています!

今度は、あなたの会社に笑いと勇気と元気を贈ります!

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.