立志式や卒業記念講演にピッタリの講演!

三遊亭究斗 さんゆうていきゅうと

一般社団法人落語協会真打
子供心理カウンセラー
行動心理カウンセラー

想定する対象者

中学校・高校・大学・医療看護学校での「卒業記念講演」を企画している学校関係や医療看護学校の卒業生する皆様に!今、三遊亭究斗のミュージカル落語がこの催しに引っ張りダコなのです!
青少年・思春期真っ只中の10代の生徒さん・保護者の皆様や教育関係者・先生方にもピッタリの講演です!

提供する価値・伝えたい事

進学する生徒さんや社会に出る皆さんに贈ります。いつの時代も悲しい事は避けられません。でも笑顔を忘れないこと。人を助ければ、人は必ず助けてくれるということ。人は、持ちつ持たれつです!
お伝えしたいのは、「何事も考え方一つ」だということ。
そして物事に対して、どう考えるかで大きく道が違ってくるということ。
「辛い」「苦しい」壁にぶつかった時にどう対処するかを笑いとともにわかりやすくお伝え致します。
笑いは、心を拓きます。どんなことがあっても口角を上げて笑っていきましょう!そして明るく元気になること!これで人生が大きく変わります!

笑顔で優しく人に接する強さを持つことで、つらさを乗り越えられるのです!!!

内 容

三遊亭究斗の創造する世界で唯一の「ミュージカル落語」で講演します。

平成23年度文化庁芸術祭に選ばれた作品。ミュージカル落語「一口弁当」
ストーリーは、貧しくイジメられてる主人公の中学生がある老人と出会い、笑いを取り入れたポジティブ・シンキングを教えられて変わっていく様子を笑いと涙で進行していく感動的な物語です。

この作品は、教育とエンターテイメントを合わせたエデュテイメントです。講演(公演)依頼がもっと多い作品です。

下記は、2011年12月岐阜市の小金田中学校の生徒さんの感想文です。
(1年生A子さん)
私は、いじめられていませんが悩みや苦しいことがあるとき、主人公のヒロシのように明るく前向きに考えてやっていきたいです。講演にあったように人はたくさんの人に支えられています。そのことを忘れずに感謝の気持ちを大切にしていきたいと思います。落語と聞くと「面白くない」「つまらない」「楽しくない」が心の中にありました。しかし今日のミュージカル落語を見て、印象ががらりと変わりました。『面白く楽しい+心に訴えてくるもの、響くもの』がありました。私は、なかなか思っていることが言えません。しかしヒロシ君のように少しづつ少しづつ変わり、成長したいです。
(2年生R子さん)
私は、ヒロシくんと同じような立場です。毎日イヤな思いで学校に来ています。でも「一口弁当」を聞いて、イヤなことがあってもプラスに考えて人生を楽しく過ごそうと思えるようになりました。ヒロシくんは、悪くなくてもイジメられていたけど、私は友達とモメた時、私もわるいところはあったので、そこは認めてちゃんとやり直したいと思いました。でも簡単にはできないことだから、ゆっくり時間をかけてでもやっていけるといいなあと思います。

もっともっと生徒さんからとても感動的な感想文をいただいています!

さあ~今度は、あなたの町へゆきます!!!

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.