「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

残業ゼロで成果を挙げる仕事術
~厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進委員&「イクメンの星」が語る~

新田 龍 にったりょう

働き方改革総合研究所株式会社 代表取締役
ブラック企業アナリスト
厚生労働省「イクメンプロジェクト」 推進委員

想定する対象者

・時間を有効に活用したいと考えているビジネスパーソンの方々
・同じ時間でも生産性を上げて働き、効率的に仕事をこなしたい方々
・ワーク・ライフ・バランスを実践したい方々
・育児や介護などで、どうしても残業が難しいが、仕事は目の前に大量にあり、なんとかこの状況を打開したいと考えている方々

現場の人数は減っている、時間が限られている・・・などなど時間のやりくりの苦労があります。
しかし、ただ単に「時短」ではなく、成果は残さないといけない。
現代の情報化・スピード化社会においては、どこか主体的でない、不満足感やイライラのある時間を過ごしがちではないでしょうか。そういう中で、成果が出る時間の使い方、仕事の仕方が重要になってきます。

提供する価値・伝えたい事

本講演/研修によって、次のようなメリットがもたらされます。

・個人にとってのメリット
仕事の効率が向上し、同じ時間でも付加価値の高い成果を出すことができるようになります。

・組織にとってのメリット
「残業すればいいや」で対処できなくなるので、仕事やシステムの不効率な部分が明らかになり、潜在的な問題が解決できるようになります。

・経営にとってのメリット
これからの少子高齢化、労働力減少社会では、「多様な働き方を提供」でき、「決められた時間内で成果を出せる」会社が勝つことは間違いありません。今からそのような組織づくりに着手できます。

内 容

【挨拶】
講師より自己紹介
「ブラック企業」での超絶ハードワークと、独立起業後「イクメン」としてワーク・ライフ・バランスを実現するまで
 ※ワーク:「残業が常態化した組織」の問題点とは?

【講義】
いつも残業するのが当たり前の会社、何が問題なのか?
1.業務効率面
2.組織課題顕在化面
3.人材獲得と定着面
 ※ワーク:正しい目標設定と、間違った目標設定

【講義】効率的に時間を有効活用して成果を出すためにできること
1.機械的にすぐやる
2.やらないことを決める
3.コミュニケーションを変える
4.仕組みをつくる
5.ペナルティを用意する
 ※ワーク:今日から何をすればいいのか

根拠・関連する活動歴

・「ブラック企業」における1日18時間のハードワークをこなしていた実体験
・独立起業後、育児のため「18時半業務終了」を実現させたスケジューリングと業務手法
・ワーク・ライフ・バランスコンサルタントとして、厚生労働省委託による全国各地での講演経験

スタッフからのコメント

厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進委員の新田さんがアツく語ります!
現場の人数は減っている、節電・WLB云々で、時間が限られている・・・などなど時間のやりくりの苦労があります。しかし、ただ単に「時短」ではなく、成果は残さないといけない。
現代の情報化・スピード化社会においては、どこか主体的でない、不満足感やイライラのある時間を過ごしがちではないでしょうか。そういう中で、成果が出る時間の使い方、仕事の仕方が重要になってきます。
(労組担当:紀三井省次)

PAGETOP
Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.