「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

相手に伝わる論理的な文章の書き方

山口拓朗 やまぐちたくろう

伝える力【話す・書く】 研究所主宰

想定する対象者

文書を書く機会の多いビジネスパーソン
下記のような悩みを抱えている
■ 文章の内容を誤解・勘違いされやすい
■ 伝えたいことが簡潔に書けない
■ テーマに沿った文章が書けない
■ 文章を書くのに時間がかかる
■ 何をどう書いていいかが分からない

提供する価値・伝えたい事

「伝わる文章」と「論理的な文章」の書き方

内 容

・文章の良し悪しは「書く前の準備」で決まる
・書く前に行う情報の集め方①<主観情報>
・書く前に行う情報の集め方②<客観情報>
・「伝わる文章が書けない人」に共通する悪いクセ
・結果が変わる「文章設計図」の作り方
・◯◯が見えない状態で書き始めてはいけない!
・人生も文章も同じ?〜目的がなければ成果は得られない〜
・「100%成功するラブレターの書き方」に学ぼう
・書くときには、必ず相手の◯◯を決めよう
・「Why(なぜ)」で鍛える文章力!
・「自問自答」で文章力の質が変わる
・ビジネス文書に使える<万能型テンプレート>
・気持ちを動かす<物語型テンプレート>
・「1文1義」を徹底せよ!
・ムダな“ぜい肉”を落とす「文章ダイエット」
・○○と△△を近づけるだけで、文章は読みやすくなる
・情熱で書いて、冷静で直す!
・【注意】文章は見た目が9割
・「読む」という名の「書く技術」

根拠・関連する活動歴

【文章関連の著書】
『だから、読み手に伝わらない! もう失敗しない文章コミュニケーションの技術』(実務教育出版)
『買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則』(明日香出版社)
『伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則』(明日香出版社)
『ダメな文章を達人の文章にする31の方法』(電子書籍/アマゾンKindle本の2013(ビジネス・経済部門)1位)
『文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法』(電子書籍)

【研修等の実績・一部(文章関連)】
2015年 「誰でもわかりやすく書けるビジネス文章」
2014年 「文章の良し悪しは書く前で決まる」
2014年 「読む人の心を揺さぶる「ストーリー文章」の書き方」
2014年 「3%の人しか知らない!売る文章&キャッチコピーの作り方」
2014年 「買わせる文章力強化研修」
2014年 「伝えるための文章力講座」
2014年 「伝わる文章が「速く」「思い通り」に書けるセミナー」
2014年 「ネットを仕事に活用したい人のためのSEO&ライティングセミナー」
2014年 「女性のための出版ブランディング&セミナー講師養成塾/プロフィール講座」
2013年 「10年使えるインターネット・ライティング講座」
2013年 「厚生労働省『実践型地域雇用創造事業』の「伝えるチカラ」養成セミナー」
2013年 「書くスピードと分かりやすさが3倍になる魔法の文章術」
2013年 「ビジネスで成果をあげるための『アクセスといいね!』を増やすセミナー」
2013年 「読み手のハートを捉えるライティングセミナー」
2013年 「伝わる・共感を誘う文章作成術セミナー」
2013年 「仕事を呼び込む名刺プロフィールの作り方セミナー」
2013年 「“共感”で顧客満足度アップを図るビジネス文章作成術セミナー」
2012年 「あなたの想いが伝わる女性の為のライティング講座」
2012年 「広報広聴研修 デキる文章術」(国土交通省)
2012年 「ファンが増えるソーシャルメディア文章セミナー」
2012年 「リピート率改善!クライアントが集まるプロフィールセミナー」

スタッフからのコメント

企画書、報告書、論文試験、メールなど、ビジネスマンにとって文章力は必須のスキルです。しかし、「何を書いていいか分からない」「相手に言いたいことが伝わらない」など苦手意識を持っている方も多いのではないでしょうか。
山口さんは、文章を書くことにおいて最も大切なのは、「目的」だと言います。
なぜこの文章を書くのか、読み手は誰か、読み手は何を必要としているのか、読み手にどうなってほしいのか、
文章を考える前に目的を考えることが、「伝わる文章」を書くための大前提です。

参加者に実際に文章を書いてもらいながら、着実に考え方とスキルを身につける、超実践的セミナーです。文章を書く機会のあるビジネスパーソン全てにお勧めのセミナーです



(人材開発担当: 森岡 記)

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.