「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

【組合役員向け】
日本一のマグロ船に学ぶ!
組合員が自主的に動いてくれるリーダーシップの技術
~狭くて不便な職場だからあみだされた知恵~

齊藤正明 さいとうまさあき

マグロ船式 人材コンサルタント

想定する対象者

労働組合 組合役員の方々(職場委員、分会長、職場代表・・・など代議員の皆さん)

提供する価値・伝えたい事

『マグロ船』・・・この言葉にはどんなイメージがありますか?

「借金のカタに送られる」、「行くアテがなくなったら、最後の手段で就く仕事」
・・・人によっては、そんな暗いイメージがあるかもしれません。

しかし、マグロ船によっては、非常にチームワーク良く働き、また、ひとりひとりが自主的にイキイキと働いています。
なぜならマグロ船は、病院もコンビニもない太平洋上で、40日以上も毎日同じ人と顔を合わせないといけないからです。

極端な言い方ですが、「この人はイマイチだから、新しい人を雇おう」ということができない職場環境なのです。

特に船長は、こうした厳しい環境のなかだからこそ、 「制限がたくさんあるなかでどうマグロを捕るか?」、 「不便なうえに狭く、ギスギスしやすい環境だからこそ、どうやったらみんなが笑顔で働けるか?」を、一般企業よりもはるかに真剣に考えざるを得ない職場です。

そうしたマグロ船の中でも日本に500隻ある19~70トン級の船で、日本一の売上を誇ったマグロ船の船長から教わった、『リーダーシップのとりかた』を習得していくのがこのセミナーです。

このセミナーを受けることで、普段は“やらされ感”の強い若手組合員が、組合活動に熱心になり、自主的に動いてくれるようになります。

内 容

1  若手組合員にやる気を出させる言葉
・ 若手組合員に下手な競争意識を持たず、素直に、「お前はすごい!」と、言って自信をつけさせる。
・ 漁師にとっての 『言葉』 とは、 『命令』 をするために使うよりも、『相手が喜ぶ』 事を言うためにある。
・ 船長が若手を見ているポイントは、『昨日までは出来なくて、今日出来るようになった所』。
・ 『仕事』は、『ゴルフ』と同じで、難しいから面白い!と、教える。

2  若手組合員が自ら考えて動く人材をつくる
・どんな性格も役に立つ。暗い奴がいたら、「地味な仕事でも、文句言わねぇでやってくれて、ありがとな」と言えば、そいつは、一生懸命に働く。
・ 『船長』になったら、「オレが一番!」を目指すより、周りを育てよ。

3  荒くれ者を動かす効果的な “叱り方” と “ほめ方”
・ 『ダメな所』 だけではなく、『上手い所』 も口に出し、信頼をまず得よ。
・ 船長の役目は、やる気を出させる事。 言ってる事が正しくても、指摘ばかりだと人はやる気をなくす。
・ 効果的に叱るには、「お前は大事な奴だ!」というメッセージとともに怒鳴る事。

※ 演習をまじえながら、参加者同士が楽しく交流をしながら学べます。
(90分の講演の場合、演習は3つ入れることが可能です)

根拠・関連する活動歴

帝人連合労働組合協議会、日立アプライアンス労働組合、東芝労働組合小向支部、前田道路労働組合、日本ガイシ労働組合、沖電気カスタマアドテック労働組合、地銀労組など。

スタッフからのコメント

ビジネス書「会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ」がヒットしました。最近ではレギュラーではないですが、「ホンマでっか!?」にもご出演されております。

組合員の皆さんにやる気を出させる言葉を習得してもらい、組合活動に対してより前向き・積極的になり、
組合員自らが考えて動く人材になり、生産性がより向上するよう、働きかけの機会になれば幸いでございます。(労組担当:紀三井省次)

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.