「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

若手社員対象 セルフケア研修

山越 薫 やまこしかおる

ランスタッド株式会社EAP総研 Behavioral Health シニアコンサルタント

想定する対象者

新入社員~若手社員

提供する価値・伝えたい事

心身ともに健康に働くために、楽しくいきいきと働くために、自身のストレスケアの方法をお伝えします。
ストレスの基礎知識と明日から使える対処法を身につけていただくことができます。また、課題や問題が生じた時にそれを他者に発信するためのコミュニケーションポイントを学習することができます。

内 容

研修ステップ1 例

セミナーの目的:
仕事を進める上で必要なストレスマネジメントスキルとコミュニケーションスキルを身につける

セミナー内容例:
1.ストレスマネジメント
    ● ストレスの基礎知識を身につけ、セルフケアに活用できるようにする
     ● ライフバランスアセスメント(自分のストレスについて考える)
     ● 仕事で発生するストレスを想定し、受け止め方の心構えをつくる

2.コミュニケーションスキル
    ● コミュニケーションギャップを、言語・非言語コミュニケーションの知識を理解し、
      発信する意識を身につける

3.ストレス対処
    ● 明日からできる実践的なストレス対処法を身につける


研修ステップ2 例

セミナーの目的:
仕事で生じた自身のストレスを調整するスキルを身につける
上司に発信する力を身につける

セミナー内容例:
1.ストレスマネジメント
    ● ストレスの基礎知識の復習を行い、自身のセルフケアを振り返る

2.コミュニケーションスキル
    ● 上司や同僚に対して、自身の考えを伝えるスキルを身につける

3.解決志向で理想を描く
    ● 解決志向の考え方を理解し、自身が目指す方向性を改めて描き、モチベーションを上げる

4.ストレス対処
    ● 明日からできる実践的なストレス対処法を身につける


研修ステップ3 例

セミナーの目的:
次年度以降に向けて、組織の中での自身のポジションについて考える。
自らの力で成長ステップを踏み出すきっかけづくりを行う研修です。

セミナー内容例:
1.チームワークについて
    ● 体感型のワークを通して、チームワーク力を身につける

2.ストレスケアと予防
    ● 現在の壁についてグループデイスカッションを通して
     解決志向に基づき、壁を乗り越える方法を考える

3.セルフケア
    ● 自身のストレスをコントロールするためにセルフケアスキルを振り返る

根拠・関連する活動歴

企業の新入社員研修・介護施設の新入職員研修・県の若手社員定着支援事業における若手社員対象研修 等

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.