「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

【若手自治体職員向け】真の接遇研修

宮嶋順也 みやじまじゅんや

スーパー市役所職員養成メンター
(元市役所職員)
UDEMYプレミアム講師

想定する対象者

新入職員~入庁5年目程度の若手自治体職員

提供する価値・伝えたい事

「貴重な税金を下さる市民はお客様だ」と上から口を酸っぱくしてさんざん言われ、正直もう「うんざり」な接遇。
しかし、接遇の真の目的は、へりくだって市民を「お客様だ」「神様だ」と持ち上げることではなく、互いに気持ちいい関係を築くこと。
このように、お客様のためだけではない、接遇の本当の意味をとらえ直すことで、職員自身を守る最強の武器になることをお示しします。
また、自治体職員経験のない一般のマナー講師では分からない、自治体特有の市民対応(行政特有のクレーム)について実例を踏まえ、対処法を具体的にお伝えします。

内 容

なぜ接遇が大事なのか?
接遇の真の意味
市民は「お客様」よりも「クライアント」と捉えよ
「民間」「業者」と言うな
具体的場面でのことばづかい演習
(敬語の使い方・お役所ことば・その他のNG対応)
特定のクレーマーへの対応方法・注意点
接遇は技術かココロか

根拠・関連する活動歴

自治体職員として福祉の現場や市民対応の最前線での13年間の経験から、さまざまなタイプの市民やクレーマーと渡り合ってきました。時には窓口で髪の毛をつかまれたり、市長室へ名指しで苦情を言いに行かれたり・・・(これでは接遇の手本とは言えませんが)。
このような経験から、接遇の本質を一人でも多くの自治体職員にお伝えし、市民対応で心をすり減らす人を一人でも減らしたいというのが、ミッションです。

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.