<ChatGPT使いこなし 事業計画作成編>
ChatGPTと対話しながら学ぶ「経営力強化ワークショップ」

長野利雄 ながのとしお

経営伴走パートナー
プラネット行政書士事務所 代表
(公財)千葉県産業振興センター 業務推進マネージャー(兼職)

想定する対象者

融資や補助金に活用できる事業計画書を作成したい中小企業の経営者

提供する価値・伝えたい事

ChatGPTを活用して、より効果的・効率的に事業計画書を作成できます

内 容

■ChatGPTのユーザー登録・使い方
■事業計画に必要な要素
1.経営理念:ビジョン・ミッション・バリュー
2.事業内容
3.市場環境
4.競争優位性
5.事業展開計画
6.財務計画

根拠・関連する活動歴

約20件の補助金申請を通じて、効果的な事業計画書の作成ノウハウがある。
自分の行政書士業務として、ChatGPTを活用して業務効率化を行っている。

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.