2学期が始まりましたね。
大阪本社 学校・PTA・教育委員会様 営業担当の白石千雅(しらいし・ちか)です。
9月1日前後に子どもの自殺が一番多いという記事が目に留まり、
胸がしめつけられる想いがしました。

死にたいと思うほど苦しんでいる子どもたちがいるという事実。

「この世の中にいなくなればいい存在なんてない」ということを
「誰もがかけがえのない存在であること」を
子どもだけでなく、辛くてもがんばっている大人にも
届けられることを祈ります。

本日紹介させて頂く講師は、長谷川 満さんです。

※プロフィール
25年以上多くの家庭教師を指導すると共に、自らも家庭教師として子どもの
自信回復と意欲を引き出す学習指導を実践。
不登校や発達障害の生徒も数多く指導。「子どもを変えようとするのではなく、
子どもへの見方を変えましょう」と子どもをプラス視点で観ることの大切さを説く。


「 信じる 」

未来を信じられるのは
人を信じられるから

人を信じられるのは
自分を信じられるから

自分を信じられるのは
お母さんを信じられるから

お母さんは
どんなことがあっても
自分の味方でいてくれると
信じられるから

信じる気持ちはつながっている
一つ信じられるなら全部信じられる
信じるとは全部信じること

by はせがわみつる

・・・・・・・・・・
内閣府が2年前、過去42年間の18歳以下の自殺者数を日別に集計した結果、
最も多かったのは9月1日で131人だった。9月2日も94人、8月31日も92人で、
夏休み明けは1学期の始まりの時期と並んで子どもの自殺が多かった。
(朝日新聞ニュースより)
・・・・・・・・・・

今日も健やかで笑顔溢れる一日をお過ごしくださいね!
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

いのちの大切さを子どもたちにどう伝えるか

長谷川 満 はせがわみつる
家庭教師システム学院代表
ペアレントセミナー主宰
多くの家庭教師を指導すると共に、自らも家庭教師として意欲ある子に育てる学習指導を実践。また、不登校や非行など問題を抱えた子どもの指導、子育てに悩む保護者の支援にも尽力。豊富な経験に基づいた「親学講座」の連載も好評。講演では、自他をありのまま認め、受け入れる「無為の子育て」を提唱。

「命は大切だ。命を大切に。そんなこと何千何万回言われるより『あなたが大切だ』。誰かがそう言ってくれたら、それだけで生きていける。」これは以前、公共広告機構のCMで使われていたフレーズです。 いのちの大… (続きを読む)