「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

矢内理絵子 (K-12794)

  • HOME »
  • 矢内理絵子 (K-12794)

矢内理絵子 やうちりえこ

女流棋士 女流五段

8歳で父親に将棋を教わり、関根茂9段門下。10歳で女流育成会に入会、13歳でプロ棋士。2006年第32期女流名人位獲得後、女流名人位3連覇を果たすなど、タイトル多数獲得。13年女流棋士会会長に就任。2013年東京大学大学院総合文化研究科客員准教授。

大学教授・研究者
その他実務スキル

矢内理絵子のプロフィール

■職歴・経歴
1980年1月10日生まれ。埼玉県行田市出身。
1988年8歳で父親に将棋を教わる。関根茂9段門下。
1990年に女流育成会に入会し、93年4月プロ棋士になる。
2006年に第32期女流名人位を獲得、続く第33期、第34期も防衛を果たし女流名人位3連覇を果たすなど、これまでにタイトルを多数獲得している。
2007年 第2回さいたま輝き荻野吟子賞受賞
2008年 行田市の観光大使に就任。
2013年4月に女流棋士会会長に就任。(~2015年6月)
2013年 東京大学大学院総合文化研究科客員准教授に就任。
2015年 第一子出産、2017年第二子出産。
2015年5月~2019年3月末まで出産・育児のため休場。

■著書
『女脳~ひらめきと勝負強さの秘密』(2009年/茂木健一郎氏との共著/講談社)
『矢内理絵子の振り飛車破り』(毎日コミュニケーションズ)

■テレビ・ラジオ
NHK Eテレ「NHK杯テレビ将棋トーナメント」

■タイトル履歴
女王:2期(第1、2期-2008、9年度)
女流名人:3期(第32期-第34期 2005年~2007年度)
女流王位:1期(第8期-1997年度)

■表彰など
第33回将棋大賞(2005年度) 最優秀女流棋士賞
第34回将棋大賞(2006年度) 最優秀女流棋士賞
第35回将棋大賞(2007年度) 女流棋士賞

講演タイトル例

その他実務スキル ひらめき ~勝負を左右する思考と決断~

将棋の世界では「ひらめき」や「直感」と言った『思考』が最も重要だと感じています。 この思考が勝負に勝つための「魔法のちから」になっています。 日々の生活やビジネスの中でも、判断に迷うような事はないでし...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別