「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

横田真一 (K-12996)

  • HOME »
  • 横田真一 (K-12996)

横田真一 よこたしんいち

プロゴルファー

専修大学時代に参加した日本オープンでローアマを獲得し、一躍注目を浴びる。卒業してプロ入りし、翌年にはシード権を獲得。初勝利は1997年の全日空オープン。2005年から2年間は選手会長を務めた。2010年キヤノンオープンで13年ぶりのツアー2勝目をあげる。

スポーツ関係者・指導者
健康

横田真一のプロフィール

■経歴
1972年生まれ。東京都出身。
1989年 水城高校時代に「全国高校選手権」で優勝。
1992年 専修大学3年時の「日本オープン」では2日目にベストスコアの66をマークするなど、18位に入ってローアマを獲得した。
ツアーデビュー年の1995年にいきなりシードを獲得。1997年の「全日空オープン」で初優勝を飾るなど順調な歩みを刻んでいた。ところが、2勝目までの道のりは険しくアプローチイップスに苦しめられた時期もある。桑原克典と決勝を争った「日本プロマッチプレー」で38ホール目に力尽きるなど、初優勝以降2位が7回もあった。
2005年から2年間は選手会長として低迷していたツアーを立て直そうと奮戦。その影響もあってか2006年にはシードを落としてしまった。シード復帰後も苦しい戦いが続いていたが、2010年の「キヤノンオープン」で苦労が報われ、谷原秀人、石川遼と首位タイで迎えた最終日に67をマーク。石川に2打差をつけて実に13年ぶりの美酒に酔った。
2015年 順天堂大学大学院 医学研究科 医科学専攻 修士課程修了 医学修士。
修士課程での卒業論文は、「プロゴルファーにおける自律神経とパフォーマンスの関係」。

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
講演会

<受講者への貢献> 問題なく終了しお客様の反応も良かったです。.

京都府
2018/03月
製造業

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

健康 目標達成に向けて~ここ一番に勝つ秘訣~

1997年の全日空オープンで初勝利を飾り、一躍注目を浴びた横田氏。 その後も、毎年安定した成績で10年来、ツアーの常連選手だったが、 2005年に選手会長に就任して以降、不振に陥った。 そんな彼が、2...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別