()

  • HOME »
  • 大野範子 (K-15893)

大野範子
おおののりこ

株式会社マックス 代表取締役社長

株式会社マックス 代表取締役社長

100年以上の歴史を持つ老舗化粧品メーカー「マックス」の5代目社長に36歳で就任。事業承継後、5回のがん闘病の克服体験を糧として、「肌の悩みを解決する商品開発」に取り組み、敏感肌用ボディソープや柿渋石鹸、バスソルトなどが次々とヒット。現在進行形で、社会に必要とされる企業を目指して奮闘中。

講師が「講師候補」に登録されました
講師が「講師候補」から削除されました
講師ジャンル
ビジネス教養 経営哲学
実務知識 経営戦略・事業計画

関連記事

実践経営者から学ぶ経営哲学【業界団体向け講演プラン】

「どうしたら業績が上がるんだろう…」 「わが社の人材育成をどうしたらいいだろう…」 お悩みの経営者様も多いのではないでしょうか。他の会社の事例をか知る機会はなかなかありません。ぜひ講演で、経験談を聞いてみませんか? 今回...

プランへ移動

女性経営者必聴! 経営のヒント満載の講演プラン7選【経済団体女性部向け講演プラン】

帝国データバンクの全国「女性社長」分析調査(2023年)によると、国内に女性の経営者は8.3%。先進諸国に比べるとまだまだ低い数値となっています。全国の女性社長の方々にもっと元気に活躍していただきたく、第一線で活躍する女...

プランへ移動

大野範子のプロフィール

■略歴
甲南大学経済学部卒業、関西学院大学大学院経営戦略研究科修了。
大学卒業後、大手香料会社を経て、1999年に株式会社マックスへ入社。
2009年 36歳の若さで5代目社長に就任。5回のがん闘病の克服体験を糧として、「お客様の悩みを解決する商品づくり」を経営理念として掲げ、社会に必要とされる存在を目指して奮闘中。
国内製造業の女性経営者らで構成する「ものづくりなでしこ」や経済産業省「第2期WIL」にも参画。

■会社の経緯
明治38年(1905年)に大阪市で「小川石鹸製造所」として創業(後に大阪府八尾市へ移転して、社名も株式会社マックスへ変更)。最初は洗濯石鹸の製造から手掛け、1916年から化粧石鹸の製造に乗り出し、現在の事業の礎を築く。戦前から小学校の手洗い場でお馴染みのレモン石鹸を製造し、その後、液体洗浄剤、入浴剤などのスキンケア、ボディケア、ヘアケア製品へと製造の幅を広げる。創業から2度の世界大戦や石油危機、バブル崩壊という様々な困難な時期を乗り越え、近年では「弱いお肌の、強い味方に。」という企業メッセージを掲げて、お客様の悩みを解決する商品の開発に注力している。
2018年度経済産業省「はばたく中小企業・小規模事業者300社」、「地域未来牽引企業」、大阪府「大阪のものづくり看板企業(匠企業)」に選出。

講演実績

会合名 開催時期・地域 主催窓口 主催担当者の声
業界団体主催「平成30年度定時総会」 2018年6月/大阪府 業界・職業団体 (終了後にご担当者様にお電話でヒアリング) 盛況….
青年部女性部合同講演会 2018年2月/愛知県 商工会 緊張したとおっしゃっておられたが、講演は皆様から好….
講演会 2017年12月/愛知県 商工会 大変良かったです。皆さん感動されていました。是非他….
地域団体主催 「平成29年度〇〇促進大会」 2017年11月/三重県 業界・職業団体 病との戦いを例にして、会社も立て直していくという….

実績をもっと見る

講演タイトル例

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別