「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

佐川洋一 (K-17378)

  • HOME »
  • 佐川洋一 (K-17378)

佐川洋一 さがわよういち

税務調査専門税理士

元統括国税調査官として豊富な経験・実績を有していることから圧倒的に税務調査を熟知しています。財務省主税局や国税庁での勤務経験のほか国税調査官として20年以上にわたり国税の職場に勤務した国税OB税理士です。

弁護士・法律関係者 コンサルタント 経営者・元経営者
経理・総務・労務

佐川洋一のプロフィール

【プロフィール】
財務省主税局においては税法立案事務、国税庁においては税務調査事務運営指針の作成・KSKシステム(税務調査支援機能等を有する国税庁の基幹システム)の開発・連結納税承認事務等に従事しました。
さらに、税務署における税務調査の取りまとめ役である調査筆頭部門(特別調査担当「通称トクチョウ」)の責任者として、年間300件を超える税務調査先の選定や税務調査を実施してきました。
これらの経験を活かし、税務調査対応に完全特化した専門税理士として、税務調査立会業務やセカンドオピニオン業務に日々奔走しています。

【経歴】
1992年 大学卒業後、国税専門官採用試験に合格し東京国税局配属
1992年~2015年 東京国税局配属後、財務省主税局税制第三課(旧税制第一課)、国税庁課税部法人課税課、渋谷税務署統括国税調査官、国税庁長官官房企画課主任税務分析専門官、等を経て退官
2017年 海外(マレーシア)在住後、渋谷区恵比寿にて税務調査対応に特化した佐川洋一税理士事務所を開業

【私の思い】
私が税務調査対応に特化した専門税理士として事務所を立ち上げた理由は、納税者の方の税務調査に対する不安感や煩雑さを軽減し、一刻も早く本業に専念していただきたい、という思いからです。
平成25年において税務調査手続の法定化(国税通則法改正)が施行されましたが、この改正に伴いどれだけ調査手続の透明性や納税者の方にとっての予見可能性が高まったでしょうか。
そのような改正にもかかわらず、税務調査を受忍しなければならない納税者の方にとっては、依然としてその負担が大きく、不安・ストレスを感じているように思います。
私は、税務代理人として「主張すべきところは理詰めでしっかりと主張する」をスタンスに、常に納税者の方に寄り添っていたい、と考えています。
皆様方に対し、正しい税務調査対応・理解をお伝えすることが出来ましたなら、私にとっても望外の喜びです。

講演タイトル例

経理・総務・労務 元統括国税調査官が語る税務調査のポイントと対応方法

講師は、元国税調査官として20年以上国税の職場に勤務していました。財務省や国税庁のほか税務署における税務調査の取りまとめ役である調査筆頭部門(「通称 トクチョウ」)の責任者として、年間100件を超える...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別