「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

伍 芳 (K-2802)

  • HOME »
  • 伍 芳 (K-2802)

伍 芳 うーふぁん

中国古箏演奏家

1972年中国上海生まれ。9歳より中国古箏演奏家の手ほどきを受ける。その後、上海音楽学校に入学、同校を首席で卒業。現在は、中国音楽を広く紹介するとともに、様々な演奏家とのジョイントを通じて、独自の音楽世界を追及している。

音楽・芸術関係者
音楽

伍 芳のプロフィール

■職歴・経歴
中国・上海生まれ。9歳より中国古箏(こそう)の手ほどきを受ける。
その後、中国で最も難関といわれる上海音楽学校に入学。郭雪君氏に師事し、古箏を中心にピアノや音楽の基礎理論等を幅広く勉強する。
1990年7月同校を首席で卒業し、来日。96年9月に東芝EMIよりデビューアルバム「箏心」をリリース。
日本における現在の中国楽器ブームの先駆けとなり、その後5枚のアルバムを発表。
その間、南こうせつ氏、東儀秀樹氏(雅楽師)、中西俊博氏(ヴァイオリン)、木乃下真市氏(津軽三味線)、西村由紀江氏(ピアノ)など数々のアーティストと共演。多数のTV・ラジオ出演の他、2002年には古谷一行氏の朗読とのコラボレーション(言の葉コンサート・ツアー)、皇太子様、雅子様の前での御前演奏等々、意欲的な演奏活動を行っている。
最近では、さだまさし氏原作の映画「精霊流し」に音楽でも参加している
2004年2月25日には、映像付きのは初めてのベストアルバム「万華鏡」をリリース。
同年5月には、ハワイにて、グラミー賞受賞アーティストのSAX奏者・KENNY G と共演し、高い評価を得る。これがきっかけとなり、同年7月のKENNY G JAPAN TOUR全ヶ所にゲストとして参加する。
現在は、中国の古典、現代曲だけにとどまらず様々なジャンルに挑戦、一方で自演はもちろん他のアーティストへの楽曲提供など、作曲活動にも力を注ぐ。
2006年6月28日には通算9枚目のアルバム「Jasmine Flower~中国歌物語~」を発売。
2007年4月より、神戸市看護大学非常勤講師(「感性・身体表現」を担当)を務める。
独自の音楽世界<ウー・ファン ワールド>を展開し、その確実なテクニックと美しい音色で聴衆を魅了し続けている。

講演タイトル例

音楽 伍芳トーク&コンサート
~とどけ、古箏のひびき~

中国で最も難しいといわれる上海音楽学校を首席で卒業後、来日。日本における現在の中国楽器ブームの先駆けとなり、国内外のステージで活躍。 中国の古典、現代曲だけにとどまらず、ジャズやボサノヴァ、クラシック...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別