「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

森 圭一郎 (K-5592)

  • HOME »
  • 森 圭一郎 (K-5592)

森 圭一郎 もりけいいちろう

シンガーソングライター

高校生の頃よりバンド活動を始めるも、16歳の時にバイク事故で脊髄を損傷し、車椅子生活となる。その後、音楽活動を再開。25歳の時に1st CDをリリースし、デビュー。日本縦断、アメリカ横断ツアーを行うなど国内外で活躍。全国各地でトーク&ライブを展開し、音楽を通して夢を追う事の大切さを伝えている。

音楽・芸術関係者
音楽 人権・平和

森 圭一郎のプロフィール

■職歴・経歴
1978年 埼玉県熊谷市生まれ。
高校の時バンドを組み始め音楽活動を始める。
高校1年生(16歳)の時にバイク事故で脊髄を損傷し、下半身不随となり車椅子の生活となる。
19歳の時にギターを持ち始めソロで音楽活動再開。
25歳の時に1st CDをリリースし、デビュー。
全国26都市以上(北海道~九州)を縦断し、約90日の間、一人で、車1台で、各地病院福祉施設(老人ホーム他)、ライブハウス、ストリートなどで歌う旅を行う。その様子は、各地のテレビ・ラジオ・新聞などで紹介され注目を集め、話題となる。
2004年 同時多発テロの現場New Yorkグラウンドゼロでストリートライブを行う。
1年に一度全国ツアーを行い、年間200日以上、全国を飛び回っている。
2009年 『君のためにつくった歌』が、ドキュメンタリー映画「ただいま それぞれの居場所」のエンディングテーマ曲となる。2011年ゴールドコンサートグランプリを受賞し、2012年1月受賞記念ライブを行う。
2012年8月2日から43日間、ニューヨークからロサンゼルスまでのアメリカ横断ツアーを行う。
2013年 NHK Eテレ「ストレッチマンV(ファイブ)」に出演。
近年では日本語の持つ豊かな表情や音色を大切にした曲作りをしている。詩の朗読を織り込んだライブは聴くものを魅了する

■CD
2004年 『一人じゃないから』
2005年 『妻沼』
2006年 『灯り』『いのちの灯り』
2008年 『アンデスの風になりたい』
2012年 『雨ニモマケズ』
2013年 『Keiichiro Mori Live at The Bitter End』
2014年 『TRUTH』
2016年 『ヨクアル世界』
2018年 『雨の日』

■著書
自叙伝『両輪 ダブル・ホイール』(東京FM出版)
朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、産經新聞、他多数掲載。

講演タイトル例

音楽 トーク&コンサート
「夢を追う事の大切さ」

車椅子になる前は特にやりたい事も無い、生き甲斐もない、目標を持ってもすぐにあきらめる。 どんよりした毎日でした。 そんな鬱憤で毎日暴走行為を繰り返し、バイク事故を起こし、生死を彷徨い一生車椅子生活とな...

プランへ移動

人権・平和 車椅子のシンガー ~歌うことは生きること~ 日本縦断1万2千キロ

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

スタッフからのコメント

絶望の中で音楽と出会い、音楽でプロになるということが「夢」となった。
そんな自身の体験を基に、夢を追いかけて生きていくことの大切さ、生きる喜び、命の大切さなど、思いやりの心を育むメッセージがいっぱい詰まった講演です。
トークとコンサートの分量もバランスよく構成されていて、学校・教育・PTA関係、福祉・医療関係など、まさまざまな年齢層の方にお薦めです。
主な講演タイトルは、「車椅子のシンガー~歌うことは生きること~日本縦断1万2千キロ」「夢を追う事の大切さ」など。
聴講者からは、「生きることの素晴らしさが伝わってきた」「どんな子育ての講演よりも子どもに向き合うべき母の姿を教えてもらった」「みんなが歌える曲を盛り込んでいただきとても素晴らしい講演だった」「ユーモアを交えながらの話にも心を震わせる言葉があり、愛情があり心の芯が温かくなった」とのこと。
現在も日本中を駆け巡り、常に前へ前へと進み続ける姿には、誰もが元気と勇気と感動をもらえる内容だと確信しています。(企画室よりのコメント)

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別