「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

Yoko Zetterlund (K-4119)

  • HOME »
  • Yoko Zetterlund (K-4119)

Yoko Zetterlund よーこぜったーらんど

スポーツキャスター

バレーボールアメリカナショナルチームの一員として、バルセロナ五輪で銅メダルを獲得。その後、日本のチームでも活躍し、99年に現役引退。現在は、スポーツキャスターとして活躍する傍ら、大学院で「アスリートへのメディアトレーニング」について学び、後進の指導、講演、執筆など幅広く活動。

スポーツ関係者・指導者
モチベーション

Yoko Zetterlundのプロフィール

■職歴・経歴
1969年 アメリカ(サンフランシスコ)生まれ。
6才から日本で育つ。12歳から本格的にバレーボールをはじめ、中学3年時には全日本中学選手権で優勝、東京・中村高校時代には、全日本ジュニアメンバーに選出され、アジアジュニア選手権優勝。
早稲田大学では、チームを関東大学リーグ6部から2部優勝にまで導く。その後、単身渡米し、アメリカナショナルチームの「トライアウト(入団テスト)」に合格。全米代表として92年バルセロナ五輪で銅メダルを獲得、続く96年アトランタ五輪では7位入賞。アトランタでは、「不可能を可能に」と左手に記し、対日本戦で奇跡の逆転勝利を演出した。97年、ダイエーオレンジアタッカーズ(現 久光製薬スプリングス)とプロ契約し、Vリーグで活躍。チームを3度の日本一に導いた。99年6月に現役引退。
現在は、スポーツキャスターとして各種メディアへ出演するほか、後進の指導、バレー教室、解説、講演、エッセー執筆など幅広く活動。また、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)や日本バスケットボールリーグの理事を務めるなどバレーボール以外の分野でも活躍している。2009年10月からは、大学院にて「アスリートへのメディアトレーニング」についての研究を進め、2011年9月、鹿屋体育大学体育学研究課体育学専攻(修士課程)を修了した。

■非常勤講師
筑波大学大学院、女子美術大学、日本大学、早稲田大学

講演タイトル例

モチベーション 強いチーム(組織)、勝つチーム(組織)をつくる
~人の動かし方、モチベーションをあげる秘策~

アメリカ代表では個性や役割を自己分析し、世界レベルのチームにおいて「どうすれば自分が貢献できるか」を常に考えて行動しました。 日本では、絶対的な中心選手としてチームを引っ張る存在でした。 セッター(司...

プランへ移動

スポーツは国境を越えて
~スポーツから学ぶ人間形成~

日本ではアメリカ人として、アメリカでは日本人として見られることが多かったヨーコ。 しかし、国籍、人種は関係がなく、実力のある選手が試合に出場するスポーツの世界に国境はありません。 スポーツを通じた国際...

プランへ移動

無限の可能性を求めて
~不可能を可能に 夢を実現するチャレンジ!~

私はアメリカで生まれ、6歳の時に母とともに日本に移住しました。 日本とアメリカの文化はあまりに違い、なかなか馴染む事が出来ませんでした。 でも、バレーボールに出会って、ようやく自分の居場所を見つけまし...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別