「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

()

  • HOME »
  • 駒崎弘樹 (K-7732)

駒崎弘樹 こまざきひろき

認定NPO法人フローレンス 代表理事

IT企業の学生社長を経て、NPO法人フローレンスを設立。日本初の「共済型・訪問型」の病児保育サービスを首都圏で開始。2007年Newsweek「世界を変える社会企業家100人」に選出。2010年からは待機児童問題の解決のため「おうち保育園」を展開。近著に『世界一子どもを育てやすい国にしよう』 (ウェッジ)。

男女共同参画 ワークライフバランス

駒崎弘樹のプロフィール

■職歴・経歴
1979年生まれ。
慶應義塾大学総合政策学部卒業後、「地域の力によって病児保育問題を解決し、子育てと仕事を両立できる社会をつくりたい」と考え、2004年にNPO法人フローレンスを設立。日本初の「共済型・訪問型」の病児保育サービスを首都圏で開始、共働きやひとり親の子育て家庭をサポートする。
2010年からは待機児童問題の解決のため、空き住戸を使った「おうち保育園」を展開。「おうち保育園」モデルは、2015年度より「小規模認可保育所」として、政府の子ども子育て新制度において制度化され、全国に広がった。
2014年には、これまで保育園に入れなかった医療的ケアのある子ども達を中心とした障害児を専門的に預かる「障害児保育園ヘレン」を東京都杉並区に開園。2015年4月から、医療的ケアのある障害児の家においてマンツーマンで保育を行う「障害児訪問保育アニー」をスタート。
政策提言や担い手の育成を行うため、2012年、一般財団法人 日本病児保育協会、NPO法人 全国小規模保育協議会を設立、理事長に就任。2015年、全国医療的ケア児者支援協議会を設立、事務局長に。
2019年4月慶應義塾大学SFC特別招聘教授に就任。

■公職
2010年より内閣府政策調査員、内閣府「新しい公共」専門調査会推進委員、内閣官房「社会保障改革に関する集中検討会議」委員などを歴任。 現在、厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進委員会座長、内閣府「子ども・子育て会議」委員、東京都「子供・子育て会議」委員、横須賀市こども政策アドバイザーを務める。

■著書
『世界一子どもを育てやすい国にしよう』 (ウェッジ)
『社会をちょっと変えてみた ―ふつうの人が政治を動かした七つの物語』(岩波書店)
『社会を変えたい人のためのソーシャルビジネス入門』(PHP研究所)
『「社会を変える」を仕事にする―社会起業家という生き方』(ちくま文庫)
『働き方革命―あなたが今日から日本を変える方法』(筑摩書房)
『「社会を変える」お金の使い方―投票としての寄付 投資としての寄付』(英治出版)
他多数

関連する講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.