「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

宮下純一 (K-7811)

  • HOME »
  • 宮下純一 (K-7811)

宮下純一 みやしたじゅんいち

スポーツキャスター 北京オリンピック 競泳メダリスト

2008年北京オリンピック競泳男子100m背泳ぎ準決勝で53.69秒のアジア・日本新記録を樹立。同400mメドレーリレーでは日本チームの第1泳者として、銅メダルを獲得。同年 現役を引退。現在、スポーツコメンテーターとして活躍、また、後進の育成にも力を注ぐなど多方面で活躍。

キャスター・アナウンサー
教育・青少年育成 健康 文化・教養

宮下純一のプロフィール

■職歴・経歴
1983年生まれ。5歳から水泳をはじめ、9歳のときコーチの薦めにより背泳ぎの選手となる。
鹿児島県立甲南高等学校から筑波大学に進学。体育専門学群で中高教員免許を取得。
2008年8月北京オリンピック競泳男子100m背泳ぎ準決勝で、53.69秒のアジア・日本新記録を樹立、
決勝8位入賞。同400mメドレーリレーでは北島康介・藤井拓郎・佐藤久佳選手と共に、日本チームの第1泳者として、銅メダルを獲得。その年の10月に競技者として有終の美と感じられる結果に現役を引退。
現在は水泳を始め、様々な競技の魅力を伝えるスポーツキャスターを軸として活動。
また、NHK「あさイチ」や、TBS「ひるおび!」などの情報番組にも出演。
TV・ラジオなど、様々なメディアに出演している他、全国各地で講演会なども行う。JOCオリンピック・ムーブメントアンバサダーや、日本水泳連盟競泳委員を務めスポーツ界の未来を育てる活動にも力を入れている他、自らの経験を伝えるべく、全国各地で講演活動なども行っている。また、2016年にブラジルで行われたリオデジャネイロオリンピックでは、自身初となるJC解説者として競泳の解説を務めた。
・JOC強化スタッフ
・JOCオリンピック・ムーブメント・アンバサダー ・JOC環境アンバサダー
・日本水泳連盟競泳委員
・筑波大学非常勤講師
・鹿児島 食のサポーター

■主な競技歴
2006年12月 ドーハ・アジア大会
・100m背泳ぎ1位、400mメドレーリレー(宮下純一、北島康介、山本貴司、細川大輔)1位
2008年4月 日本選手権
・100m背泳ぎ2位(北京オリンピック代表決定)
2008年5月 ジャパンオープン
・100m背泳ぎ2位、50m背泳ぎ1位(日本新記録)
2008年8月 北京オリンピック
・100m背泳ぎ8位(準決勝でアジア・日本新記録)
・400mメドレーリレー(宮下純一、北島康介、藤井拓郎、佐藤久佳)3位 (アジア・日本新記録)

■出演番組
TBS「ひるおび!」
鹿児島読売テレビ「かごピタ!」
MX「BE-BOP SPORTS」
CBC「サンデードラゴンズ」
ABC、FBS他 「BOAT RACE LIVE」

講演タイトル例

教育・青少年育成 出会いに感謝~思い続けたオリンピック~

水嫌いでお風呂にさえ入れなかった宮下純一は5歳で水泳を始めて10歳で全国大会に出場! オリンピックを掴んだのは水泳人生20年目でした。 地道な努力が実を結んだ陰には、彼自身の努力とたくさんの方との出会...

プランへ移動

水泳生活20年~続けることの意義~

水嫌いでお風呂にさえ入れなかった宮下純一は5歳で水泳を始めて10歳で全国大会に出場! オリンピックを掴んだのは水泳人生20年目でした。 地道な努力が実を結んだ陰には、彼自身の努力とたくさんの方との出会...

プランへ移動

上を向いて泳ごう!~タイム競技が教えてくれたこと~

水嫌いでお風呂にさえ入れなかった宮下純一は5歳で水泳を始めて10歳で全国大会に出場! オリンピックを掴んだのは水泳人生20年目でした。 地道な努力が実を結んだ陰には、彼自身の努力とたくさんの方との出会...

プランへ移動

健康 水泳教室

子ども向け  「たのしく泳ごう!」(25m泳げるようになる) 「ぐんぐん泳ごう!」(より速く泳ぐ / ターンができるようになる ) 「4泳法マスタースクール」  大人向け  「大人のための水泳教室」(...

プランへ移動

文化・教養 2020年! 東京にオリンピックがやってくる

引退直後からライフワークとして取り組んできたオリンピック招致活動。 その原動力は、オリンピアンとしてその素晴らしさを次の世代へバトンリレーしなくてはという強い思いからでした。 決定した瞬間は喜びよりも...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別