()

  • HOME »
  • 辻井いつ子 (K-8030)

辻井いつ子
つじいいつこ

ピアニスト辻井伸行の母

ピアニスト辻井伸行の母

生後まもなく全盲と診断された息子の才能を信じ、様々な困難を経てプロのピアニストへと二人三脚で歩む。伸行氏はヴァン・クライバーン国際コンクール(2009年)で優勝して以来、国際的に活躍している。 講演では、子どもの才能の引き出し方や伸ばし方を伝え、子育てに悩む親たちに示唆を与える。

講師が「講師候補」に登録されました
講師が「講師候補」から削除されました
講師ジャンル
社会啓発 教育・青少年育成

辻井いつ子のプロフィール

■経歴
1960年、東京生まれ。東京女学館短大卒業後、フリーのアナウンサーとして活躍。86年、産婦人科医の辻井孝と結婚。88年に生まれた長男・伸行が生後まもなく全盲とわかり、絶望と不安のなか、育児書や子育てマニュアルが全く役に立たないところから、手探りで子育てをスタートする。
「明るく、楽しく、あきらめない」をモットーに、持ち前のポジティブさと行動力で伸行を育てる。
つねに子どもの可能性を信じ、よく見て、ほめる「親ばか」の子育てで、生後8カ月で伸行の音楽の才能を見つけ、プロのピアニストへと二人三脚で歩む。その結果、2009年6月、アメリカで開催された第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで、伸行は日本人初の優勝を果たす。
その後、自分の経験をもとに各地で講演活動を行う。

主な著書に、伸行が演奏する10曲が収録されたCDとそれぞれの曲にまつわるエピソードを綴った本がセットになった『今日の風、なに色?CDブック』(アスコム刊)がある。
その他、伸行が生まれてから12歳までの軌跡を綴った『今日の風、なに色?』、伸行が最年少でショパン・コンクールに挑戦した様子も収録した、13歳~19歳までの物語『のぶカンタービレ!』、自身の経験をもとに子育てのポイントを紹介した『親ばか力~子どもの才能を引き出す10の法則~』(いずれもアスコム刊)がある。

※辻井いつ子 「辻」のしんにょうの点は一つです

講演実績

会合名 開催時期・地域 主催窓口 主催担当者の声
人権講演会 2017年12月/広島県 官公庁 前向きな生き方に多くのかたが共鳴をうけたようです。….
人権講演会 2017年12月/福岡県 官公庁 明るいお人柄、あきらめない前向きな生き方に多くの方….
社会福祉大会記念講演 2017年11月/岐阜県 医療・福祉 無事に終了することが出来ました。辻井伸行氏の子育て….
社会福祉大会 2017年10月/徳島県 医療・福祉 来られた皆さんの反応もよかった。明るく前向きに生き….

実績をもっと見る

講演タイトル例

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別