「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

北島潤一郎 (K-9281)

  • HOME »
  • 北島潤一郎 (K-9281)

北島潤一郎 きたじまじゅんいちろう

北島クリニック院長

2003年より産業医として企業におけるメンタルヘルスに取り組み、05年に勤労者のうつ病を対象とした北島クリニックを開設。診療の傍ら、“働き盛りのメンタルヘルスケア”などをテーマに講演も行う。専門的な立場からのアドバイスは信頼性も高く、ソフトな語り口とわかりやすい解説が各地で好評。

医療・福祉関係者
メンタルヘルス

北島潤一郎のプロフィール

■職歴・経歴
1958年生まれ。
1981年に東京大学薬学部を卒業後、協和発酵工業株式会社(現協和発酵キリン)に勤務。
同社退職後、1990年に東京医科歯科大学医学部に入学。卒業後、同大学附属病院精神科、日本医科大学高度救命救急センターにて研修。その後、都立広尾病院神経科、東京足立病院に勤務。
2003年から産業医として企業のメンタルヘルスヘの取り組みも開始。
2005年、勤労者のうつ病を対象とした北島クリニックを開設。
うつ病患者の復職支援に取り組むとともに、勤労者のメンタルヘルスに関する講演を各所で行っている。
『週刊ダイヤモンド』2011年12月24日号、2012年7月28日号に自殺予防、うつ病、社交不安障害などについて寄稿。

■資格
精神保健指定医、日本精神神経学会専門医、日本医師会認定産業医

■著書
『なぜ、ヒトは「うつ」になるのか』(C&R研究所 2009年)
『うつ病はこころの骨折です~回復するための7つのステップ』(実業之日本社 2007年)

講演タイトル例

メンタルヘルス 経営者・管理職に必要なメンタルヘルスの基礎知識

うつ病になり出勤できなくなった社員でも、きちんと休んで治療をすれば再び働けるようになるということをお伝えします。 ※概ね60分の講演と、その後に質疑応答の時間を取ることを想定しております。 企業の人事...

プランへ移動

メンタルヘルス 対人緊張・あがり症はは薬で治せる

社交不安症という、対人緊張やあがり症を主症状とした病気が意外に多く、これが薬で治療可能であることを知って欲しいと思います。 概ね、60分の講演と、その後に質疑応答の時間を取ることを想定しています。 中...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別