「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

役員・幹部の経営管理力UP講座
法的責任・リスク管理・コーポレートガバナンスへの備え

戸村智憲 とむらとものり

日本マネジメント総合研究所合同会社 理事長
コーポレート・ガバナンス・アワード大賞選考委員長
元 国連専門官

想定する対象者

激変する経営環境において、役員・幹部としての備えは十分ですか?

提供する価値・伝えたい事

不正・不祥事に足下をすくわれず、激変する経営環境において、持続的発展・事業継続を目指す役員・幹部としての役割は、より一層、重要なものとなっています。
役員・幹部の法的責任・リスクマネジメントや、様々なステークホルダー(利害関係者)への対応・説明責任など、コーポレートガバナンスを巡る対応も、日増しに重要性を帯びています。
本研修では、新任役員・幹部に必須のポイントを重点解説致します。

内 容

1.社会における企業経営の役員・幹部の押さえておくべき法的ポイントは?
 ・善管注意義務、忠実義務、監視義務とリスク管理体制整備のポイント
 ・取締役と執行役員の違い、ジャッジメント・ルールという経営裁量とは?
 ・利益相反取引、損害賠償責任、特別背任、利益供与、贈収賄などのワナ

2.なぜ、どんな場合に役員の責任が問われたのか?
 ・企業不祥事の事例考察: 監視・監督責任としての不正・不祥事例、
 従業員の不正例、情報流出、非正規社員・協力会社の不正など

3.なぜコンプライアンス・内部統制を役員が率先して進めることが重要なのか?
 ・役員の過失責任が問われる「不正を許さぬ風土・組織体制づくり」
 ・会社法/金融商品取引法(J-SOX)における内部統制のカバー範囲の違い
 ・コンプライアンス・内部統制の実効性向上への体系的理解
 ・労働法や独禁法をはじめとする役員・幹部が留意すべき法的ポイント

4.企業健全化プログラムのステップごとの理解(研修時間等に応じたオプション)
 ・現状把握、教育・体制整備・構築、危機管理広報対応など

5.質疑応答

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.