「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

介護を快互へかえてみませんか
介護にかかわる人すべてが笑顔あふれる時間を持つための心得

小山久子 こやまひさこ

くよくよ介護をにこにこ快互へ変える
レクリエーション介護士

想定する対象者

介護職員
介護職をめざす学生
介護家族
介護職は3K(きつい 汚い 給料安い)などという世間の偏見のなかにあり、この就職難でも人手不足に陥っています。
さらに、離職率も高いのが現状です。
また、介護家族は先の見えないトンネルの中にいるような不安と孤独感、苛立ちに苦しめられています。

提供する価値・伝えたい事

「介護したくない」「介護されたくない」と、敬遠されがちな介護。
「お互い様」 の気持ちを持つことで、お互いにとっての大切な時間になる。それが「快互」です。

また、認知症についても、正しい知識と対処法を学ぶことにより、「最期の時間を共に過ごす幸せ」を
感じることが出来ます。
「選ばれて介護する立場にいる」と考えましょう。
そうすれば、看取る幸せ、看取られる安心感を得ることができるのです。

内 容

高齢化社会日本は、介護・・・ことに 認知症の問題は身近な問題となってきています。
数ある病気の中から「認知症にだけはなりたくない」と思わせるのは何故でしょうか。

それは、知識の無さと偏見でしかありません。恐怖心と絶望感から、考えることを避けるのではなく「正しい
知識と技術 クールヘッド」と「人間への深い理解 ウオームハート」を持つことにより、尊厳在る老い支度が
できるのです。

このことをご一緒にしっかりと心にとめて頂きましたら きっと皆様も 「必ず人間は何かのことで死んでいく。
その中で、認知症とい うのも悪くないな」 とお感じ頂けたら幸いです。

根拠・関連する活動歴

・アルツハイマー型認知症の実母を13年間介護した経験
・膵臓ガンの実父を自宅で看取った経験
・特別養護老人施設にて、音楽レクリエーション担当職員として介護度の高い方々のQOL(生活の質)を高めるべく
笑顔がおこるようなセッションを10年間続けている経験
・キャリアShuka講師オーディション 優勝

スタッフからのコメント

「介護」と聞きますと、辛いものであるというイメージがまず頭に浮かぶと思います。

そのイメージを異なるものに変えようしているのが小山氏です。

ご自身も介護を得経験をしておられるので、お話には説得力があります。

介護する側、される側がお互いに気持ち良く「介護」の時間を過ごすためには何が必要なのかということを分かりやすくお話しいただきます。

お話を聞き終わった後には、介護中の方もこれから介護をするかもしれない方も「介護」のイメージが変化していることだと思います。(石川有信)

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.