「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

楽しく学ぶ 落語で相続・遺言

生島清身 いくしまきよみ

行政書士
社会人落語家(天神亭きよ美)

想定する対象者

主にシニア対象の市民講座(権利擁護、成年後見、消費者啓発、生涯教育など)、民間の終活フェア、相続セミナー、葬祭関連イベントなど、暗くなりがちなテーマを落語を交え明るくお伝えいたします。

提供する価値・伝えたい事

行政書士+社会人落語家(天神亭きよ美)という立場で創作した、相続をテーマに人生や家族について考える落語「天国からの手紙」は、遺言書の書き方が出てくる行政書士ならではの落語ですが、堅苦しくなく笑いとともにお聴きいただけ最後はホロっとする人情噺となっています。

看取りや葬儀という現実問題にも触れ、改めて人生や家族について考えるきっかけにもなり、また遺言書のことも楽しく学んでいただける内容です。(プロの落語家さんが参考にされるほどよくできた内容です)

落語のあとは、行政書士として民法改正で注目される遺言書最新事情(自筆証書遺言の方式緩和、遺言書保管法など)についてもわかりやすくお話いたします。

内 容

●創作落語「天国からの手紙」あらすじ●
息子二人、娘一人が見守る中、病室にて母があの世へ。
母は天国へ行き、天国への案内人と出会い、遺産が不動産中心で相続人が複数いると必ず相続争いがあることを聞く。そして、ペットの世話をお願いしている向かいのヨシ子さんに財産を遺したいときは遺言書が必要なことを教えてもらう。天国への案内人の指導のもと自筆証書遺言を作成し、更に息子・娘への手紙もしたためる。手紙には看取りについての考えを伝えてなかった後悔の念も書き記す。遺言書と手紙を病室に置いてきて、すぐに天国の入口に戻り、息子・娘の様子をあの世から見守る母。最初は言い争いをしていた息子・娘も、母からの手紙を読んで改心。思い残すことはもうないと三途の川を渡ろうとする母。そのとき大事なことを思い出す…。

 ・相続をテーマの落語「天国からの手紙」 
 ・相続人はだれ?法定相続分、遺留分について
 ・自筆証書遺言と公正証書遺言の違い
 ・遺言書保管法、民法改正最新情報等

根拠・関連する活動歴

2011年10月より、行政書士+社会人落語家(天神亭きよ美)として笑って学べるユニークな落語講演をスタート。北海道~鹿児島県まで全国で講演。2015年12月11日 NHK首都圏ネットワークで「“遺言”の書き方 行政書士が落語で指南」と紹介される。

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.