これからの農業が進むべき道

鈴木宣弘 すずきのぶひろ

東京大学大学院 農学国際専攻 教授
農学博士

提供する価値・伝えたい事

2021年より国が推進している「みどりの食料システム戦略」。自動化されたデジタル農業「種から消費まで」の利益が最適計算され、完全に無人化、巨大投資家が利益をむさぼるような構図が現実を帯びてきました。多様な農業が共存しあい、我が国の農業を維持していくために何が必要なのか。最新のスマート農業や世界の農業事情、日本の農業の問題点などを交えながら、今後日本の農業が進むべき道について考えていきます。

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.