「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

育つ力と育てる力
~ 私と三人息子は発達障害です ~

笹森理絵 ささもりりえ

精神保健福祉士・睡眠健康指導士上級
神戸市ピアカウンセラー
発達障害ダイバーシティサポーター®

提供する価値・伝えたい事

笹森家は、本人ばかりか3人息子も全員が発達障害。イジメにあったり、学校や病院での無理解に泣 いたり、でもわが子の意外な反応に思わず笑っちゃったり。そんなリアルな体験をもとに、世間の誤解を上手にかわし、子どもの潜在能力を伸ばすノウハウや、発達障害の特性についてわかりやすく通訳します。


*著書『育つ力と育てる力 私と三人息子は発達障害です。何か?』/廣済堂出版 (2013/11/27) より

内 容

子どもの発達障害、おとなの発達障害の当事者が持っている不思議な特性(空気を読めない、特定の感覚に敏感すぎる、片付けられない、忘れ物ばかりする・・・など)についての日常生活での事例を、オリジナル画像を使用しながら挙げていき、その通訳と解説をして対応のヒントをお話しいたします。

【構成内容例】

■私が「三日月湖」になったわけ
  (「三日月湖」の気持ち恐怖の出産 ほか)

■発達凸凹の世界を“通訳”してみると
  (発達凸凹の世界って…見えないことは理解できません ほか)

■育つ力と育てる力 ― 三日月湖な私のブログより
  (発達凸凹の親は悩ましい通常学級と支援学級のはざまで ほか)

■障害とは「不便」だということです
  (障害は「かわいそう」ではありません。そこに差別意識はありませんか? ほか)


*著書『育つ力と育てる力 私と三人息子は発達障害です。何か?』/廣済堂出版 (2013/11/27) より

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.