「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

過去の災害から学ぶ初動の対処

高野甲子雄 たかのきねお

公益財団法人 原子力安全研究協会
放射線災害医療研究所 副所長

想定する対象者

企業向け、建設業等の安全大会向け

提供する価値・伝えたい事

事故発生時の初動の大切さ
チームの大切さとポイント

内 容

元東京消防庁 小金井消防署長。1982年に千代田区永田町で発生した「ホテルニュージャパン火災」では、いち早く現場に到着、人命救助に専念し、66名の宿泊客を助けました。この功労により、消防総監賞、東京都知事賞、消防庁官賞、総理大臣賞、都民の消防官賞などを受賞、また、この状況をNHK「プロジェクトX・炎上男たちは飛び込んだ」でリーダーの姿勢として紹介され、大きな反響を呼びました。2009年に東京消防庁を退官後も、防災士としてさまざまな災害現場でボラティアとして活動、現在は、これまでのご経験を基に、多発する災害でしっかり活動できる人材を育成すべく、実戦で活かせる防災教育、防災活動に力を入れています。
対象者や会合に合わせて、防災、災害への対処法について等、わかりやすく事例をお見せしながらお話します。

講演のタイトル(例)
「現場リーダの決断」 
「過去の災害から学ぶ初動の対処」
「事故対処は初動で決まる」
「クライシス マネージメント」
「住民が出来る救助法」
「命は救える」
「咄嗟の応急法」
「災害現場のボランティア極意」
「避難所開設方法」
「自主防災の実践」等

PAGETOP
Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.