「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

【若手・中堅組合員向け】
僕はこうして、苦しい働き方から抜け出した。
~自発性と革新を生むアドラー心理学の勇気づけ~

小倉 広 おぐらひろし

株式会社小倉広事務所 代表取締役
一般社団法人人間塾 代表理事
一般社団法人日本コンセンサスビルディング協会 代表理事

想定する対象者

・労働組合 若手組合員~中堅組合員n方々

提供する価値・伝えたい事

180万部の大ベストセラー「嫌われる勇気」で一躍注目を集めるアドラー心理学をビジネスに応用。
従来型の賞罰を用いることによる「誉める・叱る」教育を否定。社員の自発性、自立性を重視、育成。キーワードは「勇気」(自分には能力があり、周囲は仲間であるという感覚)、勇気があれば自立的にモチベーション高く行動し、勇気がなければ問題行動を起こすというアドラーの理論。

内 容

1.アドラー心理学とは

2.アドラー心理学の目的論
 ・あらゆる言動、感情には目的がある (心理学の天動説をひっくり返したコペルニクス的理論)
 ・ケース「ぶりっこアイドル歌手の目的は?」「怒鳴る上司の目的は?」「泣く社員の目的は?」
 ・人は所属に失敗すると自殺する。命よりも大切な所属とは?

3.アドラー心理学の勇気
 ・人間は所属するために二つの方法を取る。建設的で協力的な方法。非建設的で競合的な方法。
 ・建設的と非建設的な方法を分けるのは勇気の有無
 ・勇気とは「自分には能力があり、周囲の人は仲間である」という感覚
 ・相手の勇気を奪う、勇気くじき。相手に勇気を与える勇気づけ

4 アドラー心理学の勇気づけ
 ・勇気づけの基本パターン 3つの声かけ、課題の分離
 ・勇気づけの基本的態度 相互尊敬、相互信頼、白紙委任状、協力

5 勇気づけのロールプレイ
 ・叱らずに正の注目を与える 〜上司、部下のロールプレイ〜
 ・誉めずに勇気づける 同上
 ・教えずに結末を体験させる

スタッフからのコメント

180万部の大ベストセラー「嫌われる勇気」で一躍注目を集めるアドラー心理学をビジネスに応用しています。従来型の「誉める・叱る」教育を否定し、社員の自発性、自立性を重視しています。キーワードは「勇気」(自分には能力があり、周囲は仲間であるという感覚)→勇気があれば自立的にモチベーション高く行動し →勇気がなければ問題行動を起こすというアドラーの理論です。
ロールプレイ、実習、ディスカッションが入るので、飽きさせない、眠くならない講演です。
①メンタルヘルスセミナーを毎年行われている事業であれば、違った切り口で新鮮かも知れません。
②若手組合員の皆さんに「自立性」を求められるのであれば、必聴です!
(労組担当:紀三井省次)

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.