「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

「地銀再編」から学ぶJAバンク近未来像

高橋克英 たかはしかつひで

株式会社マリブジャパン 代表取締役

想定する対象者

JA関係者の皆様

提供する価値・伝えたい事

政府・日銀による「地銀再編キャンペーン」が進むなか、上場する株式会社である地銀が苦境に立たされています。地銀の主要なビジネスモデルが、DX企業など異業種に代替されるなか、この先、①地銀再編やダウンサイジングがどの様に進むのか、②地銀はビジネスモデルをどう再構築するのか、を明らかにしていきます。
また、地銀再編時代におけるJAバンクの強みを再確認するとともに、銀行の苦戦から何を学び生かしていくべきか、JAバンクの未来像を受講者(JAバンクの役員・担当者様)の立場に寄り添いながら講義致します。

内 容

第1部 暗澹たる近未来像
1.コロナ禍で顧客が気付いてしまったこと
(1)3重苦が3大ビジネスを直撃(2)異業種による地銀ビジネスの解体
(3)ワーストシナリオはゼロ(4)スマホ銀行に転換か、DX企業傘下か
2.この先の地銀再編シナリオ
(1)地銀20兆20グループ時代(2)第二地銀37行3つの分かれ道
(3)地域金融機関の地域貢献とは(4)なぜJAバンクは生き残るのか
3.スマホ化とメガ店舗化
(1)出来れば行きたくない場所(2)店舗削減は3割で十分なのか?
(3)銀行口座がスルーされる日(4)早期退職制度の開始

第2部 光明ある近未来像
4.これからの地銀ビジネス
(1)個人向け資産運用へシフトする (2)シニア・富裕層を強化する
(3)資産運用・介護・不動産の専門家を目指す(3)みんなの銀行の開業
5.JAバンクの未来像とは
(1)なぜJAバンクは生き残るのか(2)顧客目線・収益目線を持つ
(3)地域力・システム・理念の強み(4)ブランド・人材・信用力を生かす

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.