講演には『共感』が必要です。実践されて来た経営者の言葉だから、聴講者も納得して聴講できます。

臆病者の経営学
箸一膳、畳一畳の店からつかんだ勝利への鉄則

木越和夫 きごしかずお
箸匠せいわ創業者・顧問
商売繁盛応援団団長
一人に一膳あればいい「お箸」を、1店舗と通販で年商数億円を売り上げるカリスマ商売人。ユニークな発想と独自の社員教育・販売接客は、具体的ですぐに役立ち“商売繁盛の仕掛け人”と称される。講演は“木越マジック”とも言われ、聞くものの心を捉え、即行動に移させるパワーがあると大好評。

昭和54年、畳一畳の店から始めたお箸のお店を、平成12年「商業界」にて全国繁盛店14店舗に選ばれるまでの知恵と工夫。 一膳あればいいお箸をどう売るのか、変えようのない箸を一本にしてどこに売ったか、  … (続きを読む)

お茶一杯から始まった“はとバス”の経営改革
~私の実践的企業経営論~

宮端清次 みやばたきよつぐ
元 株式会社はとバス 代表取締役社長

倒産寸前のはとバス社長に就任。役人らしからぬ攻めのコスト改革・意識改革を断行し、同社を再建。短期間で復配に漕ぎつけた手腕は“経営幹部の行動学の鑑”とビジネス各誌で話題となる。はとバス再建時の失敗・挫折から得た教訓から「現状維持は破滅」と確信。企業・自治体の意識改革を説く。

現状維持は破滅である。 時代や環境の変化に機敏に対応できなければ滅び行く。 恐ろしいのはマンネリである。 常に危機感と使命感を持って仕事に向かうことである。  はとバスを再建初年度から黒字にし、4年間… (続きを読む)

ちょっとの気づきで企業も人も変われる

川西 修 かわにしおさむ
「川塾」代表
幸南食糧株式会社 取締役会長
「全員参加の経営」をモットーに、“小さな一流企業”にチャレンジし続ける実践経営者。7坪の貸し店舗から始めた米屋を、6年のうちに地域ナンバーワン店に育て上げ、今や220億企業にまで成長させる。「人間づくり」が一貫した経営方針で、立派な人間づくりが会社の発展に直結すると説く。

私はこれまでの会社経営を通して、様々なことを学びました。 一貫して経営の柱としてきたのは人育てです。 どこにも負けない「大きな魅力を持った会社」であるためには、何よりも“人づくり”だと考えています。 … (続きを読む)

銀座のママが語る経営力・人間力

白坂亜紀 しらさかあき
銀座のママ
株式会社白坂企画代表
早稲田大学在学中、日本橋の老舗クラブに勤務し女子大生ママに。20代で銀座にクラブを二店開店。その後、「Bar 66」「銀座きくち」開店。2010年よりGSK(銀座社交料飲協会)銀座緑化部長。「銀座のママが語る経営力・人間力」「銀座クラブでの接待・おもてなし」等の講演も好評を得ている。

知識教養、営業力、接客術、人材育成、経営能力、調和力・・・。 銀座のママには、ビジネスをする上での様々な能力に加え 人間としての魅力も必要とされます。  この講演会では、起業家として第一線で活躍する銀… (続きを読む)

「超日本的経営と大家族主義経営」
~社員が幸せになる会社をめざして~

井上 武 いのうえたけし
ラブリークイーン(株)会長/LFC株式会社会長
NPO法人岐阜立志教育支援プロジェクト理事長
社長就任後、東証一部上場を旗印に経営をされるも、崩壊寸前の危機に。しかし、それを機に、優良企業のベンチマークや、社内の業務・構造改革、環境整備に取り組み、業界3位にまで回復させた逆境克服の成功法則についてお話します。

2000年、5億円の赤字計上でピンチに陥ったフォーマル・メーカー「ラブリークイーン」を業界3位まで回復させた立役者。 ラブリークイーン株式会社の経営に携わる一方で、2003年より物流部門を独立させ、L… (続きを読む)

道頓堀でこだわった親子二代の商法
“道頓堀発おもてなしの心”

柿木道子 かきのきみちこ
株式会社くいだおれ 代表取締役会長

「大阪名物くいだおれ」創業者の次女。父の強い希望を受け、女将として「くいだおれ」を牽引。経営が苦しくなった時期も「お客様の立場に立ったサービス」を徹底。先代考案の「くいだおれ太郎」は、大阪一の名物有名人として全国に知れ渡り、2008年7月の閉店後も大阪のシンボルとして活躍する。

相手の気持ち・立場になって考えることが、「おもてなし」。 いつの世にも変わらないことは“人をもてなす心”が商いの原点ということ。 父親から受け継いだ「大阪名物くいだおれ」を、ユニークメニューや、大阪な… (続きを読む)

逆境が人を育てる
~小さくても強い会社を作るコツ~

市川善彦 いちかわよしひこ
日本ガードサービス株式会社 代表取締役

“小さくても強い「儲かる会社」のつくりかた”“部下の心を掴む方法。客の心を掴んで離さない「営業のすごい仕組み」”“ピンチをチャンスに変える方法”“「心の平安」を得る方法”などを説く。「泣いて笑って感動する」をモットーとし、机上の空論ではない実践経営学・人間学の講演を繰り広げる。

小さな会社の経営者、これから創業しようとする方は、まず「小さくても、強い会社」の経営者のノウハウを習得することからはじめて下さい。 資金繰り無縁の完全無借金経営を続ける「財務体質日本一」の経営者が、自… (続きを読む)

儲かる会社に変える 貧乏人の発想 金持ちの行動

大谷將夫 おおたにまさお
タカラ物流システム(株)・タカラ長運(株)
元 代表取締役会長
宝酒造「タカラみりん」の基礎を創りあげ「すりおろしりんご」等のヒット商品を開発。10年間赤字が続き倒産寸前の長崎運送(株)をM&Aで単身現地に乗り込む。“人を創り、人を活かし、人に任す”大谷流経営法で陣頭指揮を執り、僅か8ヶ月で売上52億円・利益1億円の黒字化へと再建を果たす。

10年赤字だった「長崎運送」を僅か8ヶ月で黒字に変えた会社再建方法、また、物流面においては、いかにコストダウンするかという物流改革の2点を中心に、自身の経験に基づいた方法を具体的にお話します。 中小企… (続きを読む)