「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

玉木正之 (K-12988)

  • HOME »
  • 玉木正之 (K-12988)

玉木正之 たまきまさゆき

スポーツ評論家 音楽評論家

東京大学在学中より執筆活動開始。同大在籍3年で中退後、日本初のスポーツライターを名乗り活躍。その後、『音楽の友』『CDジャーナル』等音楽評論・映画評論も手がけ、スポーツ&音楽評論家として、著作、連載、メディア等で幅広く活躍している。『オペラ入門講座』などの講義も多数行っている。

スポーツ関係者・指導者
文化・教養

玉木正之のプロフィール

■職歴・経歴
1952年京都市生。
京都洛星中学・高等学校卒業後、東京大学教養学部入学。在籍3年で中退。在学中より東京新聞紙上で執筆活動を開始。『週刊ポスト』『週刊現代』『GORO』『NUMBER』『文藝春秋』『新潮45』等の雑誌、朝日、読売、毎日、日経等の新聞などで、執筆活動を展開し、日本で最初のスポーツライターを名乗る。
『レコード芸術』『音楽の友』『CDジャーナル』等で音楽評論・映画評論も手がけ、『オール讀物』には小説も発表。自伝的小説『京都祇園遁走曲』はNHKでドラマ化。
2013年7月より、新しいスポーツ・メディア『NOBORDER-SPORTS』を立ちあげ、編集長に就任。
その他、鎌倉市芸術文化振興財団(鎌倉芸術館)理事(2000~08年)、日本財団公益事業委員会委員(1998~2001年)、大阪府生涯スポーツ振興会議委員(2000年)、京都龍谷大学客員教授(2000~2001)、国士舘大学体育学部大学院非常勤講師(2001~2007年)等も務めた。
現在は、横浜桐蔭大学客員教授(2009年より)、静岡文化芸術大学客員教授(2010年より)、石巻専修大学客員教授(2013年より)、立教大学大学院非常勤講師(2009年より)、 立教大学非常勤講師(2010年より)、筑波大学非常勤講師(2012年より)を務める。

■著書・執筆
『今こそ「スポーツとは何か?」を考えてみよう!』(春陽堂書店 2020年)
『ふたつのオリンピック―東京1964/2020』 (KADOKAWA 2018年)
『9回裏2死満塁 素晴らしき日本野球』(新潮社 2016年)
『彼らの奇蹟 傑作スポーツアンソロジー』 (新潮社 2015年) 
『マーラーの交響曲』(講談社 2011年)
『「大相撲八百長批判」を嗤う』(飛鳥新社 2011年)


■テレビ出演
RKB毎日放送『ニュース新発見インサイト』、毎日放送『ちちんぷいぷい』『VOICE』のレギュラー・コメンテイターのほか、TBSテレビ『あさチャン!』『ひるおび!』、テレビ朝日『やじうまテレビ』『あさナビ!』『ワイド・スクランブル』『サンデー・スクランブル』『ビートたけしのTVタックル』、NHK『週刊ニュース深読み』『NEWS WEB』、BSジャパン『NIKKEI×LIVEプラス10』、BSフジ『プライム・ニュース』、朝日放送『ビーバップ・ハイヒール』、テレビ愛知『トコトン!1スタ』などに不定期出演。

講演タイトル例

文化・教養 ~オリンピックにむけて~
スポーツの本当の面白さって何?

広く一般の方々

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別