()

  • HOME »
  • 葛西紀明 (K-14558)

葛西紀明 かさいのりあき

株式会社土屋ホーム スキー部 選手兼監督 スキージャンプ選手

株式会社土屋ホームに所属し、選手兼監督として活躍。国内外から「レジェンド」と称される。「ワールドカップ最年長優勝」「冬季五輪連続最多出場」「冬季五輪スキージャンプ最年長メダリスト」「ワールドカップ最多出場」「ノルディックスキー世界選手権最多出場」の5つがギネス世界記録に認定される。

スポーツ関係者・指導者
意識改革
♥お気に入り
この講師に依頼・相談
講師がお気に入りに登録されました
講師がお気に入りから除外されました

葛西紀明のプロフィール

■職歴・経歴
1972年6月6日北海道下川町生まれ
小学3年生でスキーを始める。
中学3年生の宮様大会(大倉山)でテストジャンパーを務めた際、優勝者の記録を上回り話題になる。
1988年12月、16歳でワールドカップ(札幌大会)初出場
1992年、19歳でオリンピック初出場(アルベールビル)以来リレハンメル、長野、ソルトレイク、トリノ、バンクーバー、ソチ、平昌と8大会連続で出場。リレハンメルで団体銀、ソチでラージヒル個人銀、団体銅の計3つのメダルを獲得。
2001年11月土屋ホーム入社
2003年イタリアのヴァル・ディ・フィエンメで開催されたノルディック世界選手権大会では団体銀、ノーマル・ラージとも銅の3つのメダルを獲得。
2007年世界選手権札幌大会の団体戦で銅メダル獲得。
2009年世界選手権団体戦でも2大会連続の銅メダルを獲得。この年、監督に就任しプレーイングマネージャーに。
2014年2月のソチオリンピックでは個人ラージヒル銀、団体銅の2つのメダルを獲得。
2014年11月29日フィンランドのルカで開催されたワールドカップ個人第3戦で自らが持つ最年長優勝記録を42歳5ヶ月に更新、通算優勝回数を17回とした。
2017年3月26日、プラニッツア(スロベニア)で行われたW杯個人最終戦で3位に入って表彰台に上がり、自らが持つワールドカップ最年長表彰台記録を44歳9か月に更新。
2018年2月平昌オリンピックに出場し「冬季五輪連続最多出場」のギネス記録を8回連続に更新。
2020年4月「ワールドカップ最多出場(569試合)」のギネス世界記録が更新された。
2022年1月札幌で行われた第63回雪印メグミルク杯ジャンプ大会では49歳7ヶ月で公式戦優勝を果たす。

■獲得メダル
オリンピック3個=個人銀メダル1、団体銀メダル1、団体銅メダル1
ノルディックスキー世界選手権7個=個人銅メダル2、団体銀メダル2、団体銅メダル3

■著書
『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』(東洋経済新報社)
『夢は、努力でかなえる。』(実業之日本社)
『家族で獲った銀メダル』(光文社)

講演タイトル例

意識改革 夢は、努力でかなえる。

貧しかった少年時代、両親に反対されながらも周囲の支援で始めることが出来たスキージャンプ。8度のオリンピックに出場する間、妹の難病や母の死、所属先の2度の廃部など多くの逆境に遭遇するが、不屈の精神と努力...

プランへ移動

意識改革 神風ジャンパーの挑戦 ~熱きレジェンド~

「レジェンド」と言われるまでの長きにわたる選手生活、その生い立ちやきっかけ、またこれまで出場したオリンピックの思い出や、永く挑戦し続ける精神力持続の秘訣等について。 経営者、ビジネスマン、一般の方々

プランへ移動

最近閲覧した講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.