「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

安達阿記子 (K-15143)

  • HOME »
  • 安達阿記子 (K-15143)

安達阿記子 あだちあきこ

ロンドンパラリンピック ゴールボール女子 金メダリスト

病気のため14歳で右目が、20歳で左目が視覚障害になり、ゴールボール競技と出会う。2012年ロンドンパラリンピック日本代表選手として選出され、金メダル獲得。パラリンピックの団体競技における日本の金メダル獲得は史上初。学校、企業、福祉施設など、講演活動も精力的に行っている。

スポーツ関係者・指導者
教育・青少年育成

安達阿記子のプロフィール

■経歴
1983年福岡県生まれ。14歳の時、病気のため右目が視覚障害に、20歳で左目も視覚障害になる。
2006年に国立福岡視力障害センターへ入所した際、ゴールボール競技と出会う。
翌年、ブラジルでの世界選手権、2008年の北京パラリンピックに出場。
その後も海外遠征で試合を重ね、2012年ロンドンパラリンピック日本代表選手として選出され、悲願の金メダルを獲得。パラリンピックの団体競技における日本の金メダル獲得は史上初の快挙である。
2015年 IBSAゴールボールアジア・パシフィック選手権大会優勝。決勝戦で決め手となる得点を入れた。
2016年リオデジャネイロパラリンピック出場。

■主な戦歴
2007年 第3回IBSA世界選手権大会出場(ブラジル・サンパウロ)
2008年 北京パラリンピック競技大会出場
2010年 アジアパラ競技大会2位(中国・広州)2012ロンドンパラリンピック競技大会出場権獲得
2012年 ロンドンパラリンピック競技大会女子団体ゴールボール金メダル獲得
2014年 インチョン2014アジアパラ競技大会銅メダル獲得
2015年 Malmo Lady Inter Cup 2015 Goalball tournament(スウェーデン:マルモ)銅メダル獲得
2015年 IBSA ゴールボールアジア・パシフィック選手権大会優勝(中国・杭州)
2016年 リオデジャネイロパラリンピック出場

■講演活動
選手活動の傍ら、ゴールボールの普及や「心のバリアフリー」推進のため、各地での講演や競技体験会などを実施。自身のこれまでの人生から、「できること」に注目する重要性や夢を持つことの尊さ、あきらめないことの大切さを伝えている。アスリートとしてのストイックな姿勢を持つ反面、穏やかで謙虚な人柄により、学校での特別授業の人気が高い。また、ゴールボールは視覚障害者向けの団体スポーツであるため、「声や音のみで正確な情報をチームメイトに共有する」ことが非常に重要である。その競技特性から、企業でのコミュニケーション力向上、チームワークビルディングのための研修にも用いられている。
最近では、スポーツを通じて楽しみながらスキル向上が図れると注目を集めている。

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
人権講演会

<受講者への貢献> 安達さんの大切なメッセージがしっかりと聴講者に伝わ....

群馬県
2019/03月
官公庁
人権スポーツ教室

<受講者への貢献> 子どもたちが楽しく体験会に参加でき、安達さんにたく....

福岡県
2017/12月
官公庁

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講演タイトル例

教育・青少年育成 夢に向かって

・できないことではなく、できることを見つけて夢を持つことが大切である。 ・夢は言葉に出し、あきらめずに行動し続ければ必ず叶う。 病気の発症で視覚障害になり、ピアニストになる夢が絶たれ、絶望感から家に閉...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別