「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

()

  • HOME »
  • 板垣信幸 (K-16042)

板垣信幸 いたがきのぶゆき

経済ジャーナリスト 元 NHK解説主幹

40年余にわたるNHKでの記者・解説委員などジャーナリストとしての蓄積を、テレビではなく直接社会に還元したい。専門は政治・経済全般。特に財政・金融・通商・国際経済・原発・エネルギー政策などに強み。広く、深く、そして批判的に題材を取り上げ、日本の今後を考える。

評論家・ジャーナリスト キャスター・アナウンサー
コミュニケーション 時局・経済

板垣信幸のプロフィール

■経歴
1977年 一橋大学社会学部卒業後に記者としてNHK入社。研修後、岐阜放送局に赴任(警察・司法・県政担当)し地域社会の基礎を学ぶ。
1981年 金沢放送局勤務(経済・企画ニュース・報道番組担当)し、経済取材に取り組む。
1984年 東京経済部に異動。当時の農林・運輸・通産・日銀・大蔵省担当を歴任し、経済関連の中央省庁、業界取材などを経験することで、社会の仕組み全体を深く理解。
1993年 ワシントン支局特派員として海外勤務。自動車など日米経済摩擦、サミット、大統領選挙などを取材。
1997年 東京経済部で金融証券グループ長。山一証券、長銀、日債銀破綻など日本を揺るがす金融危機などを取材・指揮。
1999年 経済部金融担当デスク。みずほ経営統合など金融再編も取材指揮。
2000年 解説委員に就任。財政金融問題、米国同時多発テロ事件、銀行不良債権処理、ペイオフ、国際経済を中心にニュース解説。
2005年 解説主幹に就任。財政制度等審議会委員に就任。解説委員による討論番組の立ち上げ。財務大臣インタビュー番組を立ち上げ、長年担当。
2017年4月末で定年、以後フリーの経済ジャーナリストとして活躍。
     
■専門分野
財政制度等審議会の委員を12年間担当し、予算編成の基本方針作成に携わり、社会保障をはじめ各分野の予算・税制に精通している。日航ジャンボ事故、国鉄改革、リクルート事件、金融証券不祥事、湾岸戦争拠出金問題、日米自動車交渉、97年金融危機、リーマンショックなど経済の歴史的事件を直接取材しており、カバー領域は経済のみならず、政治、社会の分野に広がる。
■出演など
「あすを読む」とその後継の「時論公論」。討論番組「双方向解説」とその後継の「解説スタジアム」。
その他、スペシャル番組のキャスター。外部シンポジュウムの総合司会やモデレーター。外部要請により、経営者団体、地方自治体、地方議会、商工会議所、高齢者学習団体などで講演多数。
■表彰など
山一証券の破たんの舞台裏を描いたドキュメンタリー、NHKスペシャル「誤算~山一證券極秘プロジェクトの100日~」の取材・制作で、99年の放送文化基金賞優秀賞を受賞。その他社内スクープ特賞も多数。

講師からの実績情報

<受講者の反応・成果>
トランプ政権誕生以来の激変する世界情勢と日本経済への影響、日本経済の問題点や課題について、わかりやすいスライドや語り口ながら、政権や官僚システム、経済政策に対する手厳しい指摘も多々あり、大変参考になった。

<主催者>一般社団法人 内外情勢調査会様

<会合名>内外情勢調査会東京本部講演会

<タイトル>激変する内外情勢と日本経済

<受講者の反応・成果>
世界情勢と日本経済との関係を、多くの画像やデータで解説していただき、大変参考になりました。

<開催目的に対して>
質疑応答も含め大好評で会を終了できまして、とても喜んでいます。

<主催者>政府系金融機関様

<会合名>企業懇話会

<タイトル>激変する世界情勢と日本経済

<受講者の反応・成果>
ジャーナリストの視点からのエネルギー政策、エネルギー関連企業に対する厳しい注文が多々ありましたが、納得がいくものが多く、大変参考になりました。

<開催目的に対して>
これまでの懇話会の中でも最も熱心で内容の濃いものでした。情熱的な講演は会員各社とも大変好評でで御礼申し上げます。、

<主催者>(株)エネルギー・レビュー・センター様

<会合名>エネルギー懇話会

<タイトル>どうする日本のエネルギー政策と原発

<受講者の反応・成果>
記念式典にあたり貴重な講演をいただきありがとうございました。内外情勢が目まぐるしく変わる昨今、ビビッドな時局解説は大変参考になりました。

<主催者>大江ロータリークラブ様

<会合名>創立50周年式典講演

<タイトル>どうなるアベノミクスと日本経済

<受講者の反応・成果>
理容業界としても知っておくべき経済政策や世界情勢など、大きく変化する経営環境をわかりやすく講演され、大変参考になった。

<主催者>全理連・中央講師会様

<会合名>全理連中央講師会総会

<タイトル>どうなるアベノミクスと日本経済

講演タイトル例

コミュニケーション ジャーナリズムとは何か

日々の報道の裏舞台、歴史的事件の背景、豊富なエピソード、マスコミのスクープ競争などをはさみながら、ジャーナリズムの重要性、そしてジャーナリズムから受け取る情報をどう個人が消化し、日々の行動や生活に役立...

プランへ移動

時局・経済 徹底検証・あなたの税と国家予算

毎年行われる国家予算の編成と税制改正。しかし、多くの国民はあまり大きな関心を示さない。ただ、予算と税は、国民生活に密接に関連し、企業経営にも大きな影響を与えること伝えたい。 予算編成には常に無駄が存在...

プランへ移動

時局・経済 これでいいのか日本のエネルギー政策と原発

エネルギー政策は短期的な視点で論ずるべきではなく、国民の合意によって行われるべきもの。そうした中で、今のエネルギー政策は国民の合意に基づくものとは思えない。今後のエネルギー政策や今後の原発廃炉を含めた...

プランへ移動

時局・経済 激変する世界情勢と今後の日本

アベノミクスの限界や、今後の展望が重要になっているが、それを取り巻くアメリカ・ヨーロッパ情勢・中国の成長鈍化など激変する世界情勢ををしっかり踏まえる必要があることを指摘したい。 アベノミクスの現状整理...

プランへ移動

時局・経済 アベノミクスと財政出動

アベノミクスの第一の矢である異次元緩和が隘路に入る中で、第二の矢であり税制出動が拡大する状況にある。しかし、すでに財政出動は補正予算でかなり進んであり、限界が見えている。先進国で最悪の財政状況にある日...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.