「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

坪島栄太 (K-16727)

  • HOME »
  • 坪島栄太 (K-16727)

坪島栄太 つぼしまえいた

医療労務コンサルタント特定社会保険労務士

医療労務コンサルを通じて院長が目指す自分らしい医院の実現をサポートする専門家です。実際に経験したトラブルやスタッフ面談など現場での体験をもとに組み立てられたセミナーは、書籍に書かれているような綺麗ごとではなく、実践に裏付けされたノウハウが聞けると評判です。

コンサルタント 弁護士・法律関係者
人材・組織マネジメント

坪島栄太のプロフィール

◆職歴・経歴
広島県出身。人材派遣会社で6年間派遣スタッフの労務管理の業務に従事する。
スタッフからの処遇改善を求める声と会社の事なかれ主義の板挟みにあいながら何か基準になるものはないかと模索し始める。そこで社会保険労務士を目指す。

◆活動歴 
社会保険労務士になってから現在(10年)は、関与先で特に医療機関がスタッフの管理で悩んでいることが多いと実感する。そこで医療関係に深くかかわる中でさまざまな体験をする。
面談中に急にスタッフが机を叩いて暴れてどうすることもできなかったことや、駐車場で待ち伏せされ1時間近くスタッフから院長批判を聞かされたことがあります。そういった経験をしながら医療機関を対象に独自のメソッドを展開する。

院長とヒアリングし、院長が考えるクリニックの問題点を明確にしていきます。
その後、スタッフと個別面談を実施し、スタッフの考える問題点も明確します。 
そこから見えてきた問題点を人のシステムや組織のルールを明確にすれば解決できる問題なのかそうでないかのか分類していきます。解決可能であれば、コンサルティングを実施していきます。

院長のみのヒアリングで作ったシステムでは押し付けに過ぎず、システム構築にはスタッフ側の要望をヒアリングしたうえで作成しないと形骸化します。院長の不安が無くなり、スタッフも安心して働ける職場をゴールにしています。

「労働トラブル予防の仕組みづくり」と「人事評価制度構築」、「助成金」の3つを柱に活動する。

◆セミナー
テーマ:しくじり事例で学び院長の不安が無くなる
     院長先生のための医療労務管理実践セミナー
現場での事例を挙げ、参加者の皆さんと一緒に考えなら対策を見つけ出していくセミナーです。事例を挙げながらお伝えするので労務管理の知識が無い方でも分かりやすく、安心してご参加いただけます。講師自らの体験に基づいて構成しています。そのため、書籍で語られるような綺麗ごとではなく、本音で語るため実践に裏付けされた医療労務管理の知識を学ぶことが出来ます。

講演タイトル例

人材・組織マネージメント しくじり事例から学び医院経営を成功に導く
院長先生のための医療労務管理・実践テクニックセミナー

さまざまのクリニックの院長が労働トラブルに巻き込まれ、悩んでいる姿を私自身が見てきました。 そのとき、もっと早く正しい労務管理のコツを知っていれば、ここまでひどくなることは無かったのにというこを感じま...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別