「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

松山大耕 (K-18505)

  • HOME »
  • 松山大耕 (K-18505)

松山大耕 まつやまだいこう

妙心寺退蔵院 副住職

東京大学大学院修了。3年半の修行生活を経て、2007年より退蔵院副住職。「京都観光おもてなし大使」や日経ビジネス誌「次代を創る100人」などに選出される。また、「禅と経営」「コロナの時代を生きる」「日本人の死生観」など、宗教・観光・経済・芸術といった幅広いテーマにわたって講和を展開している。

実践者
リーダーシップ 意識改革 モチベーション 文化・教養

松山大耕のプロフィール

■経歴
1978 年京都市生まれ。2003年東京大学大学院 農学生命科学研究科修了。
埼玉県新座市・平林寺にて3年半の修行生活を送った後、2007年より退蔵院副住職。
日本文化の発信・交流が高く評価され、2009年観光庁Visit Japan大使に任命される。
また、2011年より京都市「京都観光おもてなし大使」。2016年『日経ビジネス』誌の「次代を創る100人」に選出され、同年より「日米リーダーシッププログラム」フェローに就任。2018年より米・スタンフォード大客員講師。2019年文化庁長官表彰(文化庁)、重光賞(ボストン日本協会)受賞。2021年より(株)ブイキューブ社外監査役。2011年には、日本の禅宗を代表してヴァチカンで前ローマ教皇に謁見、2014年には日本の若手宗教家を代表してダライ・ラマ14世と会談し、世界のさまざまな宗教家・リーダーと交流。また、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に出席するなど、世界各国で宗教の垣根を超えて活動中。

■著書
『大事なことから忘れなさい~迷える心に効く三十の禅の教え~』(世界文化社、2014年)
『京都、禅の庭めぐり』(PHP、2016年)
『ビジネスZEN入門』(講談社新書、2016年)

■講演実績
国内外のさまざまな企業や組織、国際会議で講演実績がある(日本語・英語にて)。シアトルのMicrosoft本社、Yahoo、 DocomoといったIT・通信系企業、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、野村證券、Fidelity, Barclaysなどの国内・外資系金融機関、G8やIMF年次総会をはじめとする国際会議、MIT、スタンフォード大学、ワシントン州立大学、東京大学、京都大学など大学での講義、TED x Kyotoでのプレゼンなど、幅広く講演活動を行っている。
オンラインでの講演や研修会も多数開催しており、NTTグループ、住友商事、三菱商事といった国内企業、ペンシルバニア大・スタンフォード大はじめ海外大学の講義、日本循環器内科学会・地盤工学研究学会などさまざまな学会でも講演実績がある。
講題としては、「禅と経営~世界のリーダーはなぜ禅に惹かれるのか~」「大事なことから忘れなさい~迷える心に効く三十の禅の教え~」「コロナの時代を生きる~先人の経験に学ぶ~」「日本人の死生観~どう生きてどう逝くか~」「禅と日本文化」など。

講演タイトル例

リーダーシップ 禅と経営~世界のリーダーはなぜ禅に惹かれるのか~

意識改革 大事なことから忘れなさい~迷える心に効く三十の禅の教え~

モチベーション コロナの時代を生きる~先人の経験に学ぶ~

意識改革 日本人の死生観~どう生きてどう逝くか~

文化・教養 禅と日本文化

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別