「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

比嘉照夫 (K-3174)

  • HOME »
  • 比嘉照夫 (K-3174)

比嘉照夫 ひがてるお

琉球大学農学部教授

1941年12月28日沖縄県に生まれる。琉球大学農学部農学科卒業。EM(有用微生物群)研究により世界的に知られ、世界各国でEMの普及および技術指導にあたっている。
EM:Effctive(有用) Microorganisms(微生物群)

大学教授・研究者
環境問題

比嘉照夫のプロフィール

■職歴・経歴
琉球大学卒業後、九州大学大学院農学研究科博士課程を修了。
1970年 琉球大学講師として勤務。
1972年 同大学助教授を経て、1982年より同大学農学部教授を務めている。
「EM技術」によって世界的に知られ、1年のほぼ半分は海外各国で技術指導にあたる。このEM技術は現在までに日本を含めた90カ国に広がり、ビジネスだけでなく政府レベルでも、いろいろな分野でEM技術が応用されている。
現在、(財)自然農法国際普及実行委員会委員長、アジア・太平洋自然農法ネットワーク会長、(財)自然農法国際研究開発センター理事、(財 )日本花の会技術顧問、(社)日本の水をきれいにする会学術顧問、日本レーザー治療学会理事、農林水産省・建設省提唱「花の町づくり全国コンクール」審査委員長ほか、国・県の各種委員を多数歴任。

■講演内容
“環境問題に対しての微生物の応用〜生まれ変わる生ごみ”などのテ ーマで、EMの基礎から分かり易く語り、身近な暮らしの変革を提言。

■著書
『微生物が文明を救う』
『EMで生ごみを活かす』
『マンガ:地球を救う大変革』
『EM産業革命』
『EM環境革命』
『本物の世紀』 他

講演タイトル例

環境問題 生まれ変わる生ごみ 環境問題に対しての微生物の応用

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別