「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

()

  • HOME »
  • 尾車浩一 (K-335)

尾車浩一 おぐるまこういち

公益財団法人日本相撲協会理事 事業部長 全国維持員会会長 博物館運営委員 元 大関 琴風豪規

左膝靭帯断裂の大けがを乗り越え、大関まで登りつめた元 大関琴風。1971年中学生力士として初土俵。鋭い出足とがぶり寄りを得意とし、優勝2回を果たす。85年に現役引退。87年尾車部屋を開設。2012年4月 頚髄損傷による全身麻痺になるも、同年11月の九州場所にて奇跡の復活を遂げる。

スポーツ関係者・指導者
意識改革 教育・青少年育成

尾車浩一のプロフィール

■職歴・経歴
1971年 名古屋場所にて中学生力士として初土俵をふみ、世間の注目を浴びる。
中学生時代は秀才で、頭の良さは相撲ぶりにも活かされ、1977年初場所には新入幕を果たす。
1978年 初場所では史上4番目の若さ、20歳で関脇となる。左ヒザの故障で一時は幕下三十枚目まで転落するも、「番付は落ちても相撲は幕下まで落としていない」の名セリフを残し、話題をさらう。
不屈の闘志と精神力から関脇へ返り咲き、その後もケガに悩まされながらも、1981年の秋場所で初優勝し大関に昇進。1983年 初場所で2度目の優勝。22場所大関として活躍し、1985年の九州場所で引退。
得意は左差しからのがぶり寄りで通算勝星は561勝。三賞6回。横綱・大鵬と並ぶ史上6位の連続幕内勝ち越し25場所の記録がある。
1987年 尾車部屋を開き、後進の指導・育成に当たる。
2012年4月 巡業先の体育館に敷いてあったシートに足を取られ、頭から転倒。頚髄損傷という大きなけがに見舞われ、手術・入院を余儀なくされる。しかし、必死のリハビリを経て、同年11月に念願の職場復帰を果たす。心・技・体を極めた力士として角界の範とされ、不死鳥の如くよみがえってきた波乱の相撲人生から汲みとってきた哲学・教訓は必聴。

■著書
『人生8勝7敗―最後に勝てばよい』(潮出版社)

講演タイトル例

意識改革 七転八起の相撲人生
志を忘れず努力すれば必ず報われる

「私は決して相撲を取るのに恵まれた人間ではない。新弟子検査で下から2番目で合格した人間である。」 今までの相撲人生での数々のエピソードを、ユーモアも交えて熱く語ります。 一生懸命やればいいのなら、相撲...

プランへ移動

意識改革 人生8勝7敗 最後に勝てばよい
~脊髄損傷からの奇跡の復活~

2012年4月 巡業先の体育館に敷いてあったシートに足を取られ、頭から転倒。頚髄損傷という大きなけがに見舞われ、手術・入院を余儀なくされる。 首から下が全く動かない全身麻痺というものに直面した時、痛く...

プランへ移動

教育・青少年育成 相撲部屋から
   飽食時代の子ども達の心と身体

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.