「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

工藤順一 (K-5778)

  • HOME »
  • 工藤順一 (K-5778)

工藤順一 くどうじゅんいち

観光カリスマ 観光カリスマ工藤事務所 代表

「農業は無限の観光資源だ」を信念に寒村を一大農業観光地へと導いた観光農業のカリスマ。
2003年1月に国の「観光カリスマ」に認定され、以後後進の指導と地域活性化・社員教育など幅広い分野での講演、アドバイスを中心に活動中。

実践者

工藤順一のプロフィール

■職歴・経歴
1945年生まれ。
地元農業高校を卒業後、白岩農協に営農指導員として就職。以後37年11ヶ月JAさがえ西村山(元寒河江市農協)に勤続し、2003年3月定年退職。
在職中、1980年にさくらんぼのオーナー制を全国に売り出したことを皮切りに、84年 寒河江市周年観光農業推進協議会を行政・農協・生産者一体となって設立。89年 「農業は無限の観光資源」を提唱し、数々のユニークなアイデアを形にして一躍「寒河江」の名を全国へ知らしめた。
その功績が認められ、2003年1月 内閣府・国土交通省・農林水産省「観光カリスマ」百選選定委員会の「観光農業」のカリスマに認定される。
2003年4月 「観光カリスマ工藤事務所」設立。観光農業だけに関わらず地域おこしや社内教育といった
        幅広い分野での講演・アドバイザーなど、全国をまたにかけて活動。
2008年4月 碁点温泉『クアハウス碁点』の支配人に就任。
2009年3月 村山市余暇開発公社総支配人に就任。
2011年4月 東北文教大学短期大学部 非常勤講師として、総合文化学科でツーリズムビジネスや地域
        観光を指導。

■主な役職
財団法人山形県生涯学習文化財団生涯学習指導者、内閣府要請 地域活性化伝道師など。

■受賞歴
1991年 財団法人21世紀村づくり
1996年 山形新聞主催3P賞(平和賞)
2003年 東北農業経済学会賞(木下賞)
2006年 財団法人山形しあわせ銀行産業振興基金 第11回ベンチャービジネス奨励賞

■著 書
『時代をひらく“農”』(分担執筆) 
『観光農業は感動のドラマ』(共著) 他

講演タイトル例

発想の転換こそ、時代を切り開く

普段見慣れている自分の周りのものの素晴らしさは、気づかないことが多い。 農業はすべてが観光資源であるように、自分の周りのものに対して、ほんの少し眼鏡を掛け替えてみればいろんなチャンスが生まれてくる。 ...

プランへ移動

地域づくりは人づくり
~観光開発は地域全体で取り組もう!~

地域活性に大きな役割を果たす「観光産業」で重要なことは、その地域との人との出会いがあることだ。出会いがあるからこそ、その地域に魅力が生まれ、あの地域に行ってみたい、あの人に会ってみたいとなる。そこにド...

プランへ移動

元気のあるところには感動のドラマがある

元気のないところに人は来ない。私の元氣の「氣」は「米」。王貞治さんにいただいた色紙にも「氣力」とあった。スポーツの世界でも、日本の戦後復興でもパワーの源は「米」。元氣の力が発想の転換の力になり、元気と...

プランへ移動

発想の転換と決断実行

企画をいかに決断し、実行に移し、商品として実を結ばせるか。スピードの時代、今日あって明日はない!と知り、企画したら素早く決断し、即実行! 商品を発想して、企画しても、それだけでは消費者は動いてくれない...

プランへ移動

関連する講師

肩書職業が同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別