「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

さくらいりょうこ (K-5988)

  • HOME »
  • さくらいりょうこ (K-5988)

さくらいりょうこ さくらいりょうこ

人生を奏でる講演家 パワーオカリナ奏者 一般財団法人クラスジャパン教育機構評議員

心の底から湧きあがる勇気と希望を伝える講演会は日本全都道府県にて1500回以上開催され、35万人以上に感動をもたらした。壮絶ともいえる難病クローン病との闘病、その波乱万丈な人生は夢に生きることを決意させる。生きるパワー漲る真のストーリーを持つパーフェクト・モティベーター。

音楽・芸術関係者
人権・平和 モチベーション 福祉・介護

さくらいりょうこのプロフィール

夢に生きる

難病、震災、コロナウイルス・・・これでもかと降りかかる困難は、いったい何を気づかせようとしているのでしょうか?

多くの方がチャンスを与えてくれ、そしてまし支えてくれ、進むべき道へ導いてくれました。叶えた夢は数知れず、現在も治療を続けながら、人生最大の夢にチャレンジしています。

1988年4月:厚生労働省指定難病クローン病発病、
以降3回目の手術までの20年数年、腸閉塞による激痛に苦しみ、手術と入退院を繰り返す
1993年8月:腸閉塞を破裂。小さな頃からの「演奏家になる」という夢をあきらめ、未来を絶望する
1995年1月:阪神淡路大震災被災。社会復帰を誓うが、再発、どん底の闇の中、「生きる」を考える
2001年4月:社会復帰後の7年ぶりのステージが新聞各紙・週刊誌女性自身等に取り上げられる
2001年7月:フジテレビ奇跡体験アンビリーバボー出演、デュオエスペランサを結成、トークコンサート形式の講演を始める
2004年12月:神戸市中央区の人権講演会に出演、講演活動が全国へ広がる
2015年7月:全都道府県講演達成、1000回講演達成
2016年5月:オカリナ教室リーナ★リーナを開講、半年で生徒数、百人の教室となる
2017年4月:著書「あしたを生きることば」(SBクリエイティブ刊)出版。MDRT日本会日本大会のメインプラットフォームにて「未来をくれためぐり逢い」と題して講演。3000人のスタンディングオベーションを受ける。販売された著書500冊は20分で完売する
2017年9月:著書が神戸新聞の書評に掲載、週刊女性「人間ドキュメント」に6 頁にわたり掲載、Yahoo!ニュースのトップに掲載される。
オンラインオカリナ教室開講
2017年11月:オリジナルアルバムを制作するためクラウドファンンディングを実施。14時間で目標達成
2018年8月:全曲書き下ろしのオリジナルアルバム「パワーオカリナ」発売
2019年10月:目指すはグラミー賞!と、「大いなる夢」の旗を掲げるコンサートを開催。夢の応援団が結成されチケットは完売する。

大阪日日新聞コラム澪標連載(2019年5月~2020年5月)
雑誌オカリナシンギングメソッド連載中
著書「あしたを生きることば」(SBクリエイティブ刊)
アルバムPower Ocarina発売中
講演実績:全都道府県にて1500回を超える
聴講者数:35万人/アンケート回収率:80%(内95%が大変よかったと回答)

講演実績

弊社での実績

会合名 地域
開催時期
主催窓口
卒業記念 演奏会

<受講者への貢献> 講演会ありがとうございました。 とても素晴らしいお....

茨城県
2019/02月
医療・福祉
卒業記念講演会

<受講者への貢献> とても好評に終わりました。背景もイメージしやすく、....

愛知県
2019/02月
医療・福祉
●●フォーラム

<受講者への貢献> 講演会は大変好評で、入賞者にも大変満足いただくこと....

大阪府
2018/10月
保険業
人権フェスタ

<受講者への貢献> 病気を乗り終えての、演奏活動には皆感動しました。元....

三重県
2018/10月
官公庁
高齢者大学

<受講者への貢献> 素晴らしいトークと雰囲気のあるオカリナの演奏のバラ....

愛媛県
2018/09月
官公庁

>>この講師の弊社実績をもっと見る

講師からの実績情報

<受講者の反応・成果>
化粧品会社の営業の方へ向けてのセミナーでした。
三宅マリさんとのコラボセミナーでしたので。心理学の専門部分はお任せし、私は、前座としていかに次の専門部分が落とし込めるかの啓発をさせていただきました。40分という短い時間でしたが、プレゼンテーションとしては過去最高の出来だと思える手ごたえがありました

<開催目的に対して>
全体を通してまとまりあるコラボセミナーでしたので、来場された方からは皆、お礼をいわれるほどでした。気づきというのは行動が大きく変化するものだと体感いたしました。

<主催者>ローズマリーグループ様

<会合名>幸せな人生脚本の書き方

<タイトル>幸せな人生脚本の書き方

<受講者の反応・成果>
昨年に引き続き招いたことで、昨年の講演がとても受け入れられていることをありがたく感じました。今回は分科会ですがハープとフルート、オカリナのコンサートスタイルでした。お越しいただいた皆さまからは共感を得たと、励みになったとお声をかけていただきました。

<開催目的に対して>
アンケートの結果も大変よかったがほとんどであったと、主催者様より嬉しいお言葉をいただきました。

<主催者>MDRT日本会様

<会合名>MDRT日本会大会

<タイトル>私に起きたMDRTマジック~人生の脚本を書き換えることが出来た出あい~

<受講者の反応・成果>
私と、もうおひとり講演をされる方がおられましたが、偶然にも「人生理念」が共通のキーワードとなってました。それをその方が大変喜こんでくださいました(保険業界の方です)。まるで打合せをしたかのような二人の講演に聴講された方は、強い気づきを得られたのではないかと思います。

<開催目的に対して>
別の会に参加したときのことですが、ある保険業界の方に「あのときの言葉「やればできる」を毎日ずっと自分に言っています。あの講演を聴かなければもうだめだったかもしれません」と言っていただきました。うれしいかぎりです。

<主催者>JAIFA大阪様

<会合名>オープンセミナー

<タイトル>『きっとできる、やればできる』~魔法は信じる人だけに現れる~

<受講者の反応・成果>
関西の名だたる企業家の皆様が集まられる(300人ほど)クラブでの講演を依頼されたときは、この会がどんなものか、誰が出席しているのかすら知りませんでした。ご縁をいただけたことに感謝をし、そんなすごい方たちだとは思わず「人生に理念を持つとは」と語ってしまいました。後からいろいろ知って汗をかきましたが、この後、様々な催しに招いていただいたことから、多くの方に伝わった講演であると自負しています。

<開催目的に対して>
300数回行われた例会講師の中でもトップ10に入ると言っていただけました。お世辞も含めて受け取っていますが、安藤忠雄氏や著名な方々が講演される中でのこと。かなりな評価をいただけたと思います。

<主催者>大阪木鶏クラブ様

<会合名>例会

<タイトル>人生に理念を抱く~パッションダウンしないために~

<受講者の反応・成果>
みやこめっせで開催されたこの講演会は出入り自由というオープンスペース。どうなることかと思いましたが多くの方(保護者、教職員の方々)がお越しになられていました。夢を持つことの大切さ、ドリームキラー、ドリームステラーの存在などを話しました。内容はとてもシンプルにつくりましたが、その分、「夢」の大切さが響いたと思います。

<開催目的に対して>
京都商工会議所のご担当者様より、たいへん好評であったことを後日伺いました。また冊子にも掲載され、伝えたことを広げていただけました。

<主催者>京都府私立中学高等学校連合会様

<会合名>教育講演会

<タイトル>夢をあきらめないで

講演タイトル例

人権・平和 生きると決めた日、運命は変わり始める
~数々の苦難を乗り越えた先にあるもの~

難病クローン病を発症して30年。 病気とともに生きてきた壮絶な人生は、いつしか「生きる」ことを考える人生となりました。  言葉に力をもらい、思いやりと慈愛に守られ導かれ、数々の困難を乗り越えてきた奇跡...

プランへ移動

モチベーション 生きるを伝える
~難病、震災、コロナウイルス、苦難の先の希望の光と~は…

人生に多くの苦難がやってきました。  自分の力ではどうすることもできないことばかりでした。 夢も、未来も、希望も、すべて失くしました。 絶望の淵から突き落とされ、どん底で何年も暮らしていました。 しか...

プランへ移動

人権・平和 こんな時こそ音楽を。
~心に響くオカリナの音~

誰もが想像もしなかったパンデミック。仕事の不安、生活の不安、そして自分と身近な人の命について、向き合わざるを得なくなり、多くの方の生活に変化が起きました。しかし、その変化にもいつしか適応し、新たな幸せ...

プランへ移動

モチベーション 夢に生きる
~やればできる、必ずできる~

仕事であっても勉強であっても、自分の生きる時間を使うのです。 同じ時間を使うのであれば、夢や目標を持ってみませんか?  ドリームキラーやドリームステラーに惑わされない そして、自分自身に惑わされない ...

プランへ移動

福祉・介護 未来をくれためぐり逢い
~あなたに会えて本当によかった~

病に絶望する人生を支えてくれ、未来をくれた出逢いに心からの感謝を伝えます。  はじめて入院したのは21歳でした。自分の病気を受け入れることができず、病状をどんどん悪化させてしまった私は腸閉塞を破裂させ...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別