「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

大槻義彦 (K-7316)

  • HOME »
  • 大槻義彦 (K-7316)

大槻義彦 おおつきよしひこ

早稲田大学名誉教授理学博士

超常現象・心霊現象などを科学的に解明する物理学者。“火の玉”の理論的、実験的研究を行い、電磁波プラズマによって“火の玉”のほとんどの特性を示すことに成功。「超能力よりも面白い科学の神秘」「超常現象の科学と非科学」「霊の世界と科学」等をテーマに、科学の世界をわかりやすく解説する。

大学教授・研究者
文化・教養

大槻義彦のプロフィール

■職歴・経歴
1936年 宮城県生まれ
1961年 東京大学大学院数物系研究科 修了
1963年 東京大学助手
1964年 理学博士(東京大学)
1968年 東京大学講師
1969年 早稲田大学助教授 日本物理学会理事 ストラスブール大学講師
     ブルックリン大学講師 
1973年 早稲田大学理工学部教授 ミュンヘン大学客員教授
    名古屋大学高エネルギー物理研究所客員教授
現在、早稲田大学名誉教授、
   物理科学雑誌パリティ(丸善出版)編集長を務める。

■活動歴
“現代の科学文明と未来”“反オカルト講座”“理科・科学好きの子どもに育てるための4カ条”などのテーマをもつ。放射線物性を研究、α線の弾性散乱での「水切り運動」を発見。
更に陽子線α線のデイチャネリングの理論を提唱、「大槻のデイチャネリングの理論 」として知られている。
英文の専門書「Charged Beam Interaction in Solids」を発刊、世界的な教科書として各国で訳出、使用されている。

■著書
『江原スピリチュアルの大嘘を暴く』
『子供は理系にせよ!』
『プロのボールはなぜ重い?』
『大槻教授のまったく初めてのゴルフ』
『大学生のための基礎力学』
『大槻教授の反オカルト講座』
『ゴルフ上達の科学』他多数。

講演タイトル例

文化・教養 超能力よりも面白い科学の神秘

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別