「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

長屋宏和 (K-7903)

  • HOME »
  • 長屋宏和 (K-7903)

長屋宏和 ながやひろかず

レーシングドライバー 車椅子ユーザーファッションデザイナー

14歳からレースを始め、2000年・01年 フォーミュラードリームに参戦、シリーズ3位を獲得。02年大クラッシュにより、頚椎損傷しレーサーから一転、チェアウォーカー(車椅子ユーザー) となる。04年奇跡のレース復帰を果たす。05年車椅子ユーザーのファッションブランドを立ち上げる。

スポーツ関係者・指導者
教育・青少年育成

長屋宏和のプロフィール

■職歴・経歴
1979年 東京都にて生まれる
1994年 レースを始める
1996年 地方カート選手権 ICAクラス
1997年 全日本カート選手権 ICAクラス
1998年 全日本カート選手権 FSAクラス
1999年 フランスレーシングスクール「ラ・フィリエール」入校
2000年・01年 フォーミュラドリーム
2002年 全日本F3選手権
2002年10月13日、F1日本グランプリ前座レースにて大クラッシュ。頚椎損傷し、車椅子での生活となる。
2004年12月 世界初、指が使えないドライバーがレーシングカートでレース復帰。
2005年 車椅子ユーザーのファッションブランド「ピロレーシング」を立ち上げる。

14歳からレースを始め、地方カート選手権、全日本カート選手権を経て、1999年にフランスレーシングスクール『ラ・フィリエール』に入校。最終戦3位という成績を残す。
2000年・01年 フォーミュラードリームに参戦。シリーズ3位を獲得。
2002年は全日本F3選手権に戸田レーシングより参戦。 同年10月13日鈴鹿サーキットでおこなわれたF1世界選手権前座レースのフォーミュラードリームに招待選手としてスポット参戦し、大クラッシュ。
頚椎損傷四肢麻痺の重度障害者となり、チェアウォーカー(車椅子ユーザー)となる。
日本、アメリカでの1年10ヶ月の入院生活を終え、2004年12月5日に絶対無理と言われていたレースに復帰。 指の使えないドライバーがカートレースに出場し無事完走。世界初の快挙をなしとげる。
2005年「障害者だって、いつも自分の好きな洋服を着たい」という気持ちから、株式会社アトリエロングハウスの技術と、自身の車椅子での経験と知識を組み合わせ“チェアウォーカーファッション”の販売・修理・オーダーのブランド<ピロレーシング>を設立。
ジーンズ考案から1年半、岡山県児島(ジーンズ生産世界一生産地)のジーンズ職人と試行錯誤を続け、納得のいく<ピロレーシング・ピーチスマイルジーンズ>を完成させる。

講演タイトル例

奇跡の復帰劇! それでも僕はあきらめない
レーサーから一転、チェアウォーカー(車椅子ユーザー)

チェアウォーカーの目線から分かること、気付くことを一歩一歩、形にしていっています 僕の様々な活動で、1人でも多くの方に勇気や元気を与えられればと思っております。 ★2002年10月13日F1日本グラン...

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

関連する講師

肩書職業が同じ講師

内容ジャンルが同じ講師

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別