「講演会」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。お客様の業界別専門コンサルタントが、講師紹介から講師依頼、ご開催までワンストップでサポート。

戸桝茂哉 (K-9421)

  • HOME »
  • 戸桝茂哉 (K-9421)

戸桝茂哉 とますしげや

ライター/作家/時事アナリスト/政治評論家/IT評論家

大学卒業後、中小企業局次長・農林水産団体局長・防衛政務次官などを歴任した代議士の他、文部科学委員会委員長を務めた代議士など数々の代議士の下で政策決定の裏側を見てきた。その後、IT企業のビジネスサイドで活動し、現在は時事アナリストとして多方面に活躍中。

評論家・ジャーナリスト
その他実務スキル コミュニケーション 教育・青少年育成 地域活性 文化・教養 時局・経済

戸桝茂哉のプロフィール

●<経歴・活動歴>
東京都生まれ(長野県育ち)
神奈川大学法学部卒業
大学時代は政策論題型ディベートに勤しみ、数々の賞を獲得する
代議士秘書
20代30代の大半を代議士秘書として過ごした。自民党・民主党所属代議士の秘書を歴任。
秘書を一旦引退し、モバイルコンテンツ企業のビジネスサイドで活動。
その後、ライター・作家・時事アナリストとして転身。
政治関連記事やIT関連書籍の執筆の他、時事問題を扱うブログ「セイケイ・アルティメイタム」や「ITカレイドスコープ」を執筆し好評を得る。


●<編集協力>

光文社新書『日本の地価が地価が3分の1になる』


●<主な著書>

『ゼロから選挙必勝マニュアル』出版社:秀和システム)など。


●<講師概要>
大学卒業後、自民党および民主党の代議士秘書として活動。
中小企業局次長・農林水産団体局長・防衛政務次官などを歴任した代議士の他、文部科学委員会委員長を務めた代議士など数々の代議士の下で政策決定の裏側を見てきた。その後、IT企業のビジネスサイドで活動。
現在は、ライター兼作家・時事アナリストとして政治経済問題、時事問題を中心に日々の話題からIT関連まで幅広いテーマでの執筆活動をするなど多方面で活躍中。
自身の執筆する時事関連の話題を中心にしたブログ「セイケイ・アルティメイタム」は、2012年1月8日の週に「日本ブログ村」の日本経済カテゴリーでトップ10にランクインするなど鋭い視点でありながら、わかりやすい時局の解説が好評で読み手からの支持を集めている。

講演タイトル例

その他実務スキル 18歳-はじめての投票に備える

政治と議会制民主主義、選挙への理解の促進。  投票の年齢が18歳からになった今、はじめての投票に備える時期も早まっています。中学生・高校生・大学生・教職員の方を対象に、はじめての投票に向けての準備をア...

プランへ移動

コミュニケーション 「大政治家はどうして人の心をつかめるのか?―企業や家庭で使えるコミュニケーション力」

政界は「一寸先は闇」と良く言われますが、その政界で生き残っていくには卓越したコミュニケーション能力が不可欠です。特に大政治家と言われる方々は、より洗練されたコミュニケーション能力を体現しており、それは...

プランへ移動

教育・青少年育成 政治家秘書をして感じた民主主義の大切さ

明るい選挙推進協会・協議会での講演や研修向け

プランへ移動

地域活性 地方創生はこうすべき  
―本当の意味で実効性のある地方創生とは?―

地方創生のアイデア、地方創生の成功可能性の向上。 ■地方創生とはなにか ■地方創生とは地域間のサバイバル戦争だ ■ライバルを意識する ■アイデアの無い所に予算は下りない ■これをやったら成功しない ■...

プランへ移動

文化・教養 「政界の裏側と選挙について」

全くコネも経験も無い状況から政治家になれるだろうか?良く聞かれる質問です。答えは「イエス」です。ただ、そこへ向けてきちんとしたプランやロードマップ、戦略を組み立てて、適切な資源配分をして行かなければな...

プランへ移動

時局・経済 1年先の政治経済を予測する

なかなか先の見通せない政治経済と私たちの生活を取り巻く状況ですが、ポイントを絞って見て行けば近い将来どうなって行くかを見定める事は可能です。代議士秘書として政界の裏側を見て来た立場として、時局と今後の...

プランへ移動

時局・経済 明日の地域経済の行方を読み解く

・地方は捨て置かれたままなのか?いまこそ地域からの経済振興を! ・今、地域のために政治と私たちができること

プランへ移動

時局・経済 政策論題ディベートで論理的思考を身につける

・ディベートで身に付く論理的思考 ・日本人に足りない論理的な決定能力 ・企業でこそ生きるディベート能力

プランへ移動

著書・著作紹介

アマゾンWEBサービスを利用しております。

講師検索

肩書・職業別

講演ジャンル別