「講演会」「オンライン講演」のことなら、講演依頼・講師派遣のシステムブレーンまで。業界別専門コンサルタントが、講師紹介から開催までワンストップでサポート。

悩みながら前を向く
~いじめ、命の大切さ、生きる力を育む~

鈴木ひとみ すずきひとみ

元 パラリンピック日本代表(射撃) 
人権啓発講師、エッセイスト
ユニバーサルデザインの商品開発・モデル

想定する対象者

学校/PTA/教職員

提供する価値・伝えたい事

いじめに遭って、一番辛いことは何でしょうか?
いじめにより自殺にまで追い込まれる子供達、そして現在、日本で一番自殺が多いと言われる40代、50代の男性、両者に共通することは「孤独」ではないでしょうか。私自身のことを申せば、私は22歳の時に交通事故で車椅子の生活となりました。医者から「一生、車椅子生活が続く」と宣告された時は自ら死を考えました。その後、当時を振り返ってよく考えてみると、「車椅子イコール死にたい」ではないのです。車椅子生活になったため、もう社会から必要とされない人間になった、以前の友達が離れていくに違いない、一人だけ別の世界に取り残された、という思い、つまり孤独が死を結びつけていたのです。幸いにも恋人の変わらない愛、親や友人達の支えがあって、私は障害を克服することが出来ましたが、実は同じ思いを小学生の頃にも経験しています。
いじめられていた自分を恥だと感じ、小学生で負った心の傷は今も消えない、その後の人格形成にも影響しています。それでも幸せになれます。辛いことや苦しいことの経験は決して無駄に終わらない。生きていれば必ず春がきます。相談出来る親や友達も居なくて、じっと1人で耐えている子(人)もきっと居るでしょう。でも、どうか死なないで。何故なら、人生は10代より20代のほうが楽しいから。20代より30代のほうがもっと楽しい。「車椅子でも?」と思うかもしれませんが、車椅子であってもなくても、そうです。
息を潜め、孤独と戦っている見えない相手にメッセージを送ります。この世に生を受けたこと、それ自体が最大のチャンスではないでしょうか。

Copyright © 株式会社システムブレーン All Rights Reserved.